人気記事


記事の詳細

みなさんは、サッカー上達のロングセラーDVD教材、

【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法

をご存知でしょうか。初心者から中学生まで使える、自主トレーニング用教材です。

そんなDVD教材が内容そのままに(販売者に確認済み)、2017年、150以上のオンライン動画形式としてバージョンアップして、私も購入しました。かつて、他のサッカーDVD教材を国内・国外含めて、いくつか買いましたが、このオンライン形式の教材は、DVDより10倍使いやすいです。

そこで今回は、サッカー初心者から中学生まで使える、自主トレーニング用教材を、限定特典の説明も含めてレビューします。

項目は以下の通りです。

  • そもそも、越智隼人とは?
  • 教材の対象カテゴリー
  • 教材の対象とするポジション
  • 親子でできる。その理由は?
  • 少年団やスクールの指導者にも
  • DVDと比べて、どんなところが良いのか
  • もう一つの人気DVD教材『城彰二 ゴールからの逆算』との比較
  • 気になる値段とコストパフォーマンス
  • 限定特典についての説明
  • 一人でもできる、親子でもできるサッカー上達法オンライン【元Jリーガー越智隼人監修】(教材『10の活用方法』を特典としてプレゼント!!)

    DVDの紹介動画ですが、オンライン教材は同じ内容になります。

    そもそも、越智隼人とは?

    このサッカー教材は、越智隼人さん監修ですが、そもそも越智隼人さんとは、どんな人なのでしょうか。

    簡単にいうと、私と同じ地元の先輩の元Jリーガーです。当時、サッカーをやっていた子供なら誰でも知っているような、超有名な攻撃的なポジションのスター選手で、私の憧れでもありました。

    そんな越智さんは、地元のジュニアユースで活躍した後、当時の横浜フリューゲルスユースへ。マリノスに吸収合併される際、フリューゲルスから数人しかマリノスへの移籍ができませんでしたが、越智さんは移籍できた選手の一人です。

    その後、J1とJ2を経験したものの、怪我に苦しんだ末、若くして引退。その後は、所属していたモンテディオ山形の取材やスカパー!・DAZNなどのスポーツメディア出演、また、現役の育成指導者として、サッカー界に貢献し続けている人です。

    教材の対象カテゴリー

    この教材を対象とするカテゴリーは、

  • 小学生のサッカー初心者
  • 小学生で上を目指す子供
  • 中学生で上を目指す子供
  • となります。もともと、基本のスキルや試合で使えるテクニックなどを磨く自主トレーニング用DVD教材が最初に作られ、その後の購入者からの声で、初心者や低学年が遊び感覚でサッカー上達の土台作りができる『初心者用教材』が作られました。オンライン教材は、ふたつのDVD教材がひとつになったものです。

    教材の対象とするポジション

    この教材を対象とするポジションは、

  • ゴールキーパー以外全て
  • です。

    というのも、教材の本編は、一人もしくは二人で自主トレーニングできる

  • ドリブル
  • キック
  • トラップ
  • ヘディング
  • 1対1
  • ボールフィーリング(ボールを自由に扱う)
  • コーディネーション(体と頭のイメージを一致させる)
  • で構成されています。

    現代サッカーは、攻撃的なポジションだけでなく、守備的なポジションの選手もボールを扱うスキルが求められます。これは、時代の流れなので、もう後戻りはしないでしょう。ゴールキーパーさえ、攻撃センスが問われる時代です。

    なお、この教材は、ゴールキーパー専用のメニューはありませんが、ゴールキーパーの『サッカー選手としてのスキル』を磨くのにも有効です。

    親子でできる。その理由は?

    この教材は、親子でもできます。

    その理由は、二人で行うトレーニングの片方は、ボールを投げてあげたり、少し動いて『相手役』をしてあげれば良い程度だからです。

    ですから、サッカー未経験のお母さんでも、お子さんと一緒にできます。

    また、オンライン教材は1動画1メニューで1分前後のショートムービーとなっており、動画ごとに音声の解説が入っています。また、PDF形式の補足テキストもあることから、

    トレーニングのポイント

    を意識しやすくなっています。サッカー未経験の保護者でも、音を出して動画を見れば、お子さんへのアドバイスがしやすくなります。

    ちなみに、保護者の方は頑張って見本を見せる必要はありません。なぜなら、動画が見本になるからです。とても便利ですね。

    少年団やスクールの指導者にも

    子供を指導する立場にあって感じることですが、この教材は、

    少年団やサッカースクールでも使ってほしいメニューがたくさんあります。

    少年団のデメリットは、休日にしかトレーニングがないところがほとんどであるところ。指導者は仕事の休みに善意でサッカー指導にあたっていますが、正直、週末のトレーニングだけではトレーニング量は足りません。足りない分、長時間のトレーニングをするところもありますが、小学生の集中力から言えば、高学年でも2時間もやれば限界でしょう。

    ですから、少年団の練習で、自主トレーニング用のメニューを一定量入れていくことで、練習がない日も、子供たちが自主的にトレーニングできるようにしていくことが大切です。しかも、個人差はありますから、同じメニューでもそれぞれに合った難易度にする必要があります。それを可能にするのが、ここで紹介しているオンライン教材です。

    また、サッカースクールの指導においても、個人の力を伸ばすことが目的ですから、やはりスクールがないときにどれだけ成長できるか。という視点を持つことが非常に大切です。ですから、スクールにおいても自主トレーニングできるメニューを継続的に入れ、スクールでフォローすることで、子供のサッカースキルを上げていきたいところです。

    では、この教材をどれくらい信じていいのか。という話になりますが、

    参考となるサッカー教材を買うなら、みなさんはどんなものが良いですか。

  • よくわからない人が作ったサッカー教材
  • スクールやチームで育成している指導者が作ったサッカー教材
  • 元プロ選手が、選手としての経験や感覚だけを頼りに作ったサッカー教材
  • 元プロ選手が、選手としての経験や感覚はもちろん、引退後の育成現場での指導や、プロチームの練習を研究して作ったサッカー教材
  • 私は、まずは

    元プロ選手が、選手としての経験や感覚はもちろん、引退後の育成現場での指導や、プロチームの練習を研究して作ったサッカー教材

    を手に入れます。そして、越智さんの教材は、これに該当します。

    また、いくら元プロ選手とはいえ、日本代表レベルならまだしも、そこまでいかない場合、経験や感覚だけで作成された教材は、メニューによっては、再現性の高さに不安がありますから。きちんと育成現場での指導や、研究をして作った教材のほうが総合的にみると安心できます。

    DVDと比べて、どんなところが良いのか

    オンライン教材はDVDと比べて、ネットが繋がれば、いつでも使えるのが最大のメリットだと思います。

    具体的なトレーニングメニューを知りたいとき、確認したいときに、グラウンドでそれができるのと、DVDを再生できる所へ移動して、再生機器を使ってチェックするのでは、トレーニングのリズム感や中身の濃さも全然違うものになります。ひとつひとつの行動のリズムも大事ですよね。

    越智さんの教材の本編は、具体的なトレーニングメニューをポイント解説付きで紹介しているものなので、DVDより10倍使いやすいでしょう。

    オンラインのデメリットは、通信料が発生することではないでしょうか。私は、その課題を安く解決するために、キャリアから格安スマホに変更して通信料をプラン10GBにしています。正直、このプランで行けば、教材の通信料程度は気にしないで済みます。もっとも、教材に限らず、上達に関わるような動画を沢山見たくて変更したのですが。

    もう一つの人気DVD教材『城彰二 ゴールからの逆算』との比較

    私は、サッカーのDVD教材として人気のある

    城彰二 ゴールからの逆算

    を購入したことがありますが、


    二つの教材は、違うタイプのものです。

    越智さんの教材は、ポジションに関係なしで上達するための自主トレーニングに特化しつつ、特典として対談音声で『サッカーが上達するために大切な考え方・気持ち・保護者目線での悩み解決策』を伝えてくれています。

    一方、城さんの教材は、攻撃的ポジションの選手に必要な考え方やゴールに結び付けるためのテクニックに特化しつつ、『サッカーが上達するために大切な考え方・気持ち・日本代表や海外移籍での経験から得たもの』を伝えてくれています。

    もう少し加えると、

    越智さんの教材は「超具体的に、どんなことを考えて、何をしたらいいのか」というところを大事にしているのに対し、

    城さんの教材は、「超具体的な部分は越智さんと比べてかなり少ない分、攻撃的選手に必要な考え方という抽象的なところ」を大事にしています。

    気になる値段とコストパフォーマンス

    気になる値段は、

    21000円

    です。3回まで、クレジットの分割払いが可能です。

    みなさんは、この金額を高いと思いますか。私は、むしろ安すぎるくらいだと思います。

    なぜそう思うのかというと、

    元プロでない人によるサッカースクールの相場は、地域格差もありますが、週1回60分~90分で、月に4000~6000円。
    (私はこのカテゴリー。プロの半値か、それ以下。)

    元プロになると、同じ開催条件で8000~10000円します。

    もちろん、年会費、入会費、ユニホーム、カバンといったものは除きます。

    つまり、21000円という数字は、元プロのスクールに通うための初期投資(安ければ、初月の会費込み)なんです。場合によっては、元プロではないスクールの初期投資+初月会費レベル。

    それくらいお金がかかるなかで、元プロがどこまで教えられるか。

    という点ですが、これはスキルが既に本当に高い子供たちなら、本格的にマインドやスキルを色々と伝えることができるでしょう。

    しかし、初心者か、まだまだスキルが未熟な子供がそこに通い続けて、果たして割に合う指導をしてもらえるのか。という話になります。なんといっても、週に1回ですからね。

    それなら、

    同じく元プロで、現役指導者の越智さんが提供してくれる、レベルにあった自主トレメニューを何度もポイントを意識しながら、何度も見本の動画を見ながら繰り返した方が、成長も早いですし、お金も断然安上がりです。さらに、自分で考えたり工夫する時間を多くとれるので、多くのものを得られます。

    ちなみに、日本のサッカー育成は、少年団や部活といったボランティア志向が強く、お金を使うことに慣れていません。スクールでも、つくづく感じます。

    しかし、そのお金と『役立つ情報』を交換する勇気・行動力があれば、大多数の他の人と、差をつけるチャンスが得られるわけです。

    しかも、この教材は一度購入すれば何度も使えますから、3年間使い倒したとしたら、月々600円を切ります。それでも、21000円は高いと思いますか。

    以上を踏まえて、

    コストパフォーマンスを、★(最低)~★★★★★(最高)で評価してみました。なお、小学生の所属チームのレベルは関係なし。中学生は部活や中堅程度までのレベルのクラブチームを対象としています。強豪チームやJの下部組織は対象外です。

  • 小学生のGK以外・・・★★★★★
  • 小学生の保護者・指導者・・・★★★★★
  • 小学生のGK・・・★★★★
  • 中学生のGK以外・・・★★★★★
  • 中学生の保護者・指導者・・・★★★★★
  • 中学生のGK・・・★★★
  • ゴールデンエイジ(12歳~14歳。大きな個人差があるので、中学卒業までは、ゴールデンエイジと捉えて問題ないでしょう。)までの期間に、教材を使い倒すくらいの感覚で利用しましょう。

    限定特典についての説明

    越智隼人監修 サッカー上達法オンライン

    のレビューはいかがでしたか。私としては、少しでも参考になれば幸いです。

    なお、当サイトから教材を購入していただいた場合、限定特典として、効果的に教材を使うための『10の活用方法』PDFファイルをプレゼントします。

    この限定特典は、教材を購入した私だからこそできるプレゼントです。活用方法を参考にしていただき、教材を信じて、効果的に使ってほしいと思います。

    おわりに

    サッカーの自主トレーニングは、上達するうえで欠かせないものです。しかし、とくに小学生や中学生の時期に『我流』でやっても、上達は効率的ではありません。

    そこで、効率的に、サッカーに必要な要素を獲得できるように、自主トレーニング用教材

    『越智隼人監修 サッカー上達法オンライン』

    を検討してみてはいかがでしょうか。時間は有限ですし、戻ってきませんからね(^_^)

    一人でもできる、親子でもできるサッカー上達法オンライン【元Jリーガー越智隼人監修】(教材『10の活用方法』を特典としてプレゼント!!)

    それでもDVDが良いという人には、、、

    【第1弾・第2弾セット】一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法


    随時、お役立ち情報などもお届けします。

    *お名前(ニックネーム可)
    *メールアドレス



    関連記事

     

    管理人

    2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

    小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

    自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
     
    指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
     
    インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
     

    サイトマップ


    ページ上部へ戻る