人気記事


記事の詳細

サッカー初心者の子供にとっては、サッカーがもっとうまくなりたくても、何をしたら良いのかよくわからないものですね。

しかし、兄弟や保護者がサッカー未経験だと具体的なアドバイスは難しいですし、所属する少年団(もしくはチーム)の練習についていけなかったり。と、初心者の子供にとっては、もどかしさが付きまといます。

また、サッカーがうまくなってきて、

「もっと上達したい」

と感じたときに、効果的な自主トレーニング(練習)をする・しないでは、そこからの伸びも大きく変わります。とくに、キック・トラップ・ドリブルといった技術や、素早い動きの土台は、

ゴールデンエイジといわれる12~14歳

で、しっかりと身に着けたほうが良いと言われています。ただしこの時期は個人差は大きいので、中学卒業までをひと区切りにしても良いでしょう。

そんな、サッカー初心者から中学卒業までの期間使える。しかも、ドリブルだけではなく、キックやトラップの練習もできる『自主トレーニング教材』を今回は紹介します。

サッカーに求められるスキルはたくさんある

サッカーといえば、相手ゴールに点を決めるゲームですが、そこで求められるスキルは、たくさんあります。

たとえば、

・キック(ボールを蹴る。)
・トラップ(飛んできたボールを、狙い通りにコントロールする。)
・ドリブル(相手を抜いたり、キープしたり、前に運ぶ。)
・ヘディング(頭やおでこでボールを飛ばす。)
・ディフェンス(ボールを奪う、抜かれないようにする)
・ステップワーク・コーディネーション(素早く、思い通りに体を動かす)

といったものがあります。

そして、これらは一人またはボールを投げてくれる(相手をしてくれる)人がいれば、スキルを高めることができます。ボールが跳ね返ってくる壁があるのも良いですね。

そのなかでも、ヘディング以外は、小学生のうちからスキルを高めておく必要があります。(ヘディングは、脳への刺激があることと、中学生や高校生からでも十分うまくなるので、小学生のうちからガンガンやる必要はないと思います。)ドリブルだけできれば良いってものではないんですね(^-^;

そこで、これらのスキルを『ポイントを押さえて』トレーニングすることで、サッカーがきちんと上達しましょう。と作られているのが、こちらの教材になります。

一人でもできる、親子でもできるサッカー上達法オンライン【元Jリーガー越智隼人監修】(教材『10の活用方法』を特典としてプレゼント!!)

この教材は、上に挙げたような『サッカーに必要な沢山のスキル』を網羅しており、初心者から中学生まで使えるように、難易度も低いものから高いものまで、幅広いトレーニングメニューの構成になっています。

というのも、この教材は、もともとDVDで販売されていた『初心者用』と『一般用』の二つを『1つの会員制サイトに構成変更』されているのです。形式としては、DVDからオンライン動画形式へと進化を遂げています。

ちなみに、この越智さんは、私と同じ地元の先輩で『超絶的』憧れの存在だったので、オンライン化されてからすぐに購入しました。購入後は、私自身、子供に指導する際に利用させてもらったり、大切な考え方を教材特典『音声対談』から学んでいます。

また、私の無料メルマガに登録していただくと、

YOUTUBE動画から、サッカーが上達するための動き方を学べる分析手法を徹底解説した

オリジナル教材サイトをプレゼントしています。

そこで、私してはまず、越智さんの教材でコツコツと自主トレーニングし、メルマガ特典のラダーで一番難易度の高いレベル(★★★)ができるようになったら、私のオリジナル教材で一気に飛躍してもらいたいと思います。

一人でもできる、親子でもできるサッカー上達法オンライン【元Jリーガー越智隼人監修】(教材『10の活用方法』を特典としてプレゼント!!)

レビュー記事はこちら。


DVDの紹介動画ですが、オンライン教材は同じ内容になります。


随時、お役立ち情報などもお届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る