最近の投稿
【スポンサーリンク】

DAZN

【動画】ワールドカップとは大違い!コパアメリカ2019 コロンビア×アルゼンチン

コパアメリカ2019グループBの第一節『コロンビア×アルゼンチン』の一戦。

球際の激しさやテンポの速さが親善試合とは全く違い、本気の試合を魅せてくれました。結果は2-0でコロンビアが勝利。


コロンビア 2‐0 アルゼンチン

【コロンビア】
ロヘル マルティネス(71)
ドゥバン サパタ(86)

そのコロンビアについてですが、

日本は二度のワールドカップで戦っています。2014年は1-4と完敗しましたが、2018年は開始早々相手が一人少なくなり、司令塔のハメス・ロドリゲスも負傷中で特に守備でほとんど機能しなかったこともあり、2-1で勝ちました。

その後、2019年3月に再度キリンチャレンジカップ@日産スタジアムで対戦した時は後半にPKを与えて0-1。日本は新チームということもありましたが、やはりコロンビアは強い。しかし、日本もいい勝負をするのは間違いない。みたいな感じでした。ハイライト映像が、それを象徴しています。

ところが、今回アルゼンチンと戦ったコロンビアは、全くの別チーム。日本には観光に来ていただけ?と思うくらい、一つひとつのプレーに差がありました。

それでは、DAZNのツイッターから動画を集めたのでどうぞ(^_^)

●球際の激しさがハンパない!!

●メッシは連係プレーで対応。ボールのラインまで下がるプレスバックが効いています!

●コロンビアの先制点はマルティネス。

●コロンビアの2点目はサパタ。相手に囲まれても奪われない&3人目の動きでロングラン&クロスオーバーをして、そのままアシストしたレルマのナイスプレーでした。

●これが決まっていたら・・・というシーン。


スポンサーリンク

RELATED POST