最近の投稿
健康&体作り&指導者・保護者向け

【小・中学生】サッカー 自主トレのメニューを新しく増やすのは案外むずかしい

サッカー上達に必要な自主トレはたくさんあり、

YOUTUBEでもピチピチのスポーツウェアを着た
やせマッチョのカッコいいトレーナーが
あれこれ提案しています。

体幹トレーニングなんかも
たくさんありますね。

でも、

実際にやろうとするとなかなか
続かない人は多いと思います。
もちろん、私もそのひとりw

その理由にはさまざまあり、

現状維持しようとする脳みそのはたらきが、
新しいチャレンジを何かと理由をつけて
ブロックするのが一番大きな原因。
と思ったりもしますが、

体は大人。中身は子どもw

の私からすると、それだけじゃない気がします。

そこで今回は小中学生にとって、
サッカーの自主トレメニューを増やすのが
けっこうむずかしい理由を書いていきます。

なお、今回は
『現状維持』のマインドブロック
に関しては省略させていただきます。

ヨガマット敷いてやるトレーニングの継続は大人でもハード

おはようございます。昨日は外遊びがむずかしかったので、音楽と体育を兼ねて『太鼓の達人』をやってきました星野です。子どもたちにリクエストされたアニメ曲を『むずかしい』モードでやらされ、ガチになったにも関わらず開始5秒で放置プレーされて、変な趣味のおじさんキャラにされてしまいましたw変な汗をかきつつ平常心を保ち、なんとかクリアしましたが、ちょっと試練を与えすぎだろwwと感じた日曜日です。

さて、

今回は自主トレのメニューはそう簡単に増やせないですよ。

というテーマでお伝えします。

サッカーの自主トレメニューは
今やYOUTUBEで探したい放題ですが、
探せたからといって継続できるわけでは
ありません。

とくに、体幹トレーニングのように
ヨガマットを敷いてやるような
超絶地味なトレーニングは大人でも
継続するのはハードですよね。

ハードな理由は色々あるにしても、
やはり問題なのは

そのトレーニング自体がおもしろくない

というのが大きな要因かな。と思います。

大人が継続できないのに、
小・中学生に自主トレで求めるのは
さらにハードルがあがりますね。

こういったトレーニングは
トレーニングセンターに通ったりすれば
継続しやすいんですよね。

時間を新たに確保するのが大変

自主トレメニューを探していると、

一日30分でOK!!

なんて文言がありますが、

みなさんは
果たして一日30分の時間を新しく
確保できるしょうか。

●やっていておもしろい
●効果が目に見える

なら、なんとかやりくりできそうですが、

地味でつまらないトレーニングに
時間を確保しようとする人は
そうはいないですよね。

めっちゃ目的意識がはっきりしている人
なら可能でしょうが、

そもそも
そこまでたどり着くことが
一番大きな壁なので、

提案する側とされる側で
大きなミゾができているんですよね。

大人より感度が高い小中学生は、まずはボールを触ろう

私は、子どもは天才だと思っています。
本能的にものごとを判断できるので、

きらいなものはやらない。
つまらないものはイヤだ。
おもしろいのは、とことんやりたい。
成長すると、さらにやりたくなる。

のアンテナやエネルギーの使い方が
大人と比べ物にならないくらい上手。

だからこそ、

自主トレが当たり前になり、
高い目的意識をもってつまらない地味な
トレーニングができるようになるまでは

ボールを使った自主トレ

がおすすめです。

リフティングやフリードリブルなんかは
その代表格で、

それらのメニューでよりよく成長できる
ように提案できることが
指導者として大切なのかな。
と感じています。

オンラインの公開添削も
ボールタッチを基本としているので

保護者の方が手間に慣れてしまえば、
あとは良い感じに進んでいきます。

しかも、自主トレのメニューも

一度に1コ

ですから、あれこれ覚えるストレスもないです。
(一度に1コ。って結構重要!)

ということで

保護者の方は、
お子さんの気持ちをくんだうえで
継続しやすい自主トレを
一緒に探してみてほしいです(^_^)

【お家でできるサッカー】無料の個別オンラインスクールのご紹介個別オンラインスクールとは 個別オンラインスクールとは、もともとサッカースクールを運営していた私が、2018年に当時のメルマガでモニタ...
RELATED POST