人気記事


記事の詳細

はじめに

サッカーの上達に欠かせない『負けず嫌い』のメンタル。他人だけでなく自分に対してこの強い気持ちがあることはとても重要です。しかし、それだけではなかなかキツイのが、サッカーに対してのモチベーションを保つこと。とくに友達と遊びたかったり、他の誘惑があると・・・なんてことはありませんか。私もありました(^_^;)プロ野球のイチロー選手でさえもあるそうです!!

そんなとき、モチベーションを上げる要素を知っていたら、知る以前よりもやる気を継続してサッカーに取り組めると思います。そこで今回は

モチベーションを上げる3つの要素

について書きます。

3つの要素

モチベーションを上げる3つの要素は次の通りです。

1.主体性

2.成長

3.大義

1.主体性

人に頼らず、自分から積極的に考えて取り組むこと。当サイトは正に主体性のカタマリです。誰の指示・命令も受けていません(笑)

主体性を発揮すると、それと一緒に責任もついてくるので、ときに大変なこともありますが、どんな小さなことでも受け身の姿勢よりも得るものが大きく、やりがいを感じます。

2.成長

人は誰でも自分自身の成長を感じることは嬉しいこと(とくに物事を新しく始めたときは非常に重要!!)で、さらに上の目標を自ら設定して取り組みやすくなります。なお、1.の主体性を持って取り組むと、人に頼る受け身の姿勢よりも得るものが多く、成長スピードも格段に速いです。

当サイトは作成を始めた当初、訪問者が『一日あたり数PV』と、ビックリするくらいアクセスがありませんでした。しかし、このサイト作成の前に勉強し、練習用のものでアクセスを少し集めた「成長」経験があったので我慢して継続することができました。その結果、当サイトでは半年くらいで『一日あたり1000PV』くらいまでいくように。これも私にとっての成長で、モチベーションも右肩上がり♪

3.大義

大義=誰かのため・何かのため に物事に取り組むことで使命感が生まれ、自分自身でもよく分からないくらい大きな力を発揮します。例えば

育ててくれた親や家族、恩師、海外で必要としてくれている人。また、地球環境、次の世代

のことを想うと、自分のモチベーションが上がらないことが恥ずかしく感じることも多々(^_^;)あります。当サイトでも、上に挙げたような例を大義としています(^_^)

このモチベーションの3つの要素は、それぞれ単独で存在しているわけではなく、いづれとも相互関連があります。

おわりに

人間はだれでもメンタルが浮き沈みしますので、3つの要素を意識し、モチベーションを高くして日々サッカーできたらいいですね(^_^)

UEFA Youth League: Apoel – FC Barcelona (2-3, Highlights)【1:47】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る