人気記事


記事の詳細

はじめに

サッカーのロングキックにおいて、ストレートボールを蹴ることができると、パスの選択肢が増え、プレーの幅が広がります。ストレートボールとは、ふわりとしたり、伸びのある浮き球で、バックスピンがかかり、まっすぐボールが飛んでいくキックのことです。とくに、伸びのあるボールはディフェンスが対応しにくく、得点に直結するようなロングパスにも使えます。

そこで今回は、インフロントキックによるストレートボールの蹴り方とコツについて書きます。

ストレートボールの蹴り方

【ロングキック:インフロント】ストレートボール動画【1:13】

1.ボールを蹴りたい方向に対し、斜めから助走する。

2.軸足のつま先は、蹴りたい方向に対し、少し外側へ向ける。重心移動がしやすいです。また、軸足は、強く踏み込もうとしない。

3.蹴り足は膝を曲げた後、膝下だけの素早い振りで蹴ろうとしない。足全体を鞭のように。ミートの瞬間、蹴り足の膝は伸び切らない。

ストレートボールの蹴り方のコツ

【ロングキック:インフロント】ストレートボール動画

★軸足は、大きく前に振り出して、ボールのそばへ置く。

ボールをミートから蹴った後まで、しっかりとボールのあった位置を見続けること。その際、顔を体に対して横に向けるようなイメージ。蹴った後、すぐにボールを目で追ってしまうと、カーブがかかったり、ボールを引っ張りすぎてしまうことも。ただし、キックの感覚を掴んで蹴ることができるようになれば、話は別です。

重心移動を意識する。『助走で前進』⇒『軸足より外側』へ重心移動。

おわりに

ボールと軸足の位置関係や、蹴り足の細かいミートポイントは蹴るボールの質により微妙に違うと思います。しかし、最初は意識せず、短い距離で『まっすぐボールを蹴る』ことに集中した方が良いと思います。

ちなみに、動画の撮影環境は

・空気がしっかり入った硬い4号球(小学生用)
・カチカチの土グラウンド
・トレーニングシューズ
・28.5cmという大きな足

です。

芝生なら、ボールと地面に隙間があってうまく蹴ることができるけれどなぁ・・・

という人は、ストレートボールの蹴り方を見直した方が良いと思います。どんな環境でも、ある程度同じプレーができるのが良い選手ですからね(^_^)

【動画】インフロントキック カーブの蹴り方とコツ

【動画】【ロングキック:インステップ】のび~るストレートボールの蹴り方とコツ

【ロングキック:インフロント】ストレートボール動画【1:13】

サッカー ドリブンパス動画【0:49】


無料メルマガのご案内

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

2015年からC級ライセンスを取得し、サッカースクールで小学生に指導。

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
スクールでは、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、強みです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る