人気記事


記事の詳細

サッカーは、あらゆる方向に動きながら、動いているボールを扱う『複雑な動き』のあるスポーツ。そのため、足で蹴ったり、ドリブルするためには、上半身の動きもとても重要になります。

そこで今回は、上半身の動きに関して、『ボールタッチと逆側の腕を前に振ること』について書きます。

腕を引いているようにも見えるが、、、

サッカーでボールをタッチしているとき、同じ側の腕を引いているように見えることがあります。しかし、このとき必ずしも、腕を意識して引いているとは限りません。逆側の腕を前に振ることを意識していることも考えられます。

当サイトでは、逆腕に関しては『引くこと』を説明していますが、『前に振ること』は上半身に意識が向かないうちには『難しい』と思い、触れていません。ボールタッチをする腕を『前に振る』『引く』、逆腕を『引く』の3つを意識できるようになってから、逆腕を『前に振る』にチャレンジするのがおススメです♪新しい発見があると思います(^_^)

【どうして止められない?】メッシの最強ドリブルTOP10【3:43】

腕を引くことと、実際の動きについて


随時、お役立ち情報などもお届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る