人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーは、あらゆる方向に動きながら、動いているボールを扱う『複雑な動き』のあるスポーツ。そのため、足で蹴ったり、ドリブルするためには、上半身の動きもとても重要になります。

そこで今回は、上半身の動きに関して、『キックと逆側の腕をたたむこと』について書きます。

腕を引いているようにも見えるが、、、

サッカーでボールを蹴るときに、蹴り足側の腕を引いているように見えるシーンがあります。しかし、実際は(逆側の腕を蹴る前に横へ開き)、キックのときに逆側の腕を体の内側へたたんでいる動きをしていることも考えられます。

当サイトでは、一見『腕を引いている』ような動作でも、動かす意識は違う場合がある。という立場にあります。みなさんが、実際にドリブルやキックをしてみて、自分に合った体の動かし方を習得できれば、私としてもうれしいです(^_^)

Xabi Alonso – Team Training Impressions

腕を引くことと、実際の動きについて


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る