人気記事


記事の詳細

インターネット世界で、マスコミのことを『マスゴミ』と表現することがあります。その背景には、海外で大きく取り上げられている国際問題のスルー、捏造、演出・やらせ、視聴率稼ぎのための、エンタメ重視で内容の薄っぺらい報道、特定の人の利益のための偏向報道などがあります。

では、なぜ大手メディアは、そんなことになっているのでしょうか。

株主は誰か

世の中、いつでもフォロー・ザ・マネー。真実を知りたければ、金の流れを追え。という意味の言葉です。

ということで、まずはこちらをご覧ください。大手メディアの株主に対する、外資の保有比率についてです。

フジテレビ29.8%(外資規制20%上限。電波法違反。)
日本テレビ21.9%
TBS13.5%(上位2社が外資)
テレビ朝日12.5%
電通19.6%(筆頭株主は外資)

2015年10月現在

このなかで、フジテレビと日本テレビは、電波法という法律に違反しています。電波法があるのは、影響力が絶大な国内メディアを、海外勢力にコントロールさせないようにするため。

また、反日思想が強いといわれ、メディアを仕切る某大手広告代理店も、20%を外資に占有されています。そのため、なかなか『国民が本当に必要な情報』は入ってきません。

そう、日本のための放送ではなく、反日かつ、海外投資家の意向が強く働いた放送なんです。

スポンサーは誰か

テレビは、大手企業の代弁者。といわれるくらい、大手企業のスポンサーの影響を強く受けます。なので、消費者や環境に良くない商品を批判しようにも、スポンサーが関係会社であれば、黙認するどころか、宣伝する側に回ります。大手メディアも民間会社なので、これは仕方ない面もあります。

従業員は誰か

大手メディアは、日本国籍を持たない在日の人を採用しています。在日だからといって、全ての人が反日思想ではありませんが、こういった採用は、海外では通常考えられないことです。なぜか。それは、テレビや新聞は、極めて影響力の大きい、公共性の高い情報発信だからです。

また、そのような人の比率が上がってきて、重要なポストに就いてくると、メディアの内部崩壊を生み出したり、加速させる要因となります。たとえば、外交問題で、日本にとって良い情報を一切報じないのは、株主の意向。という場合と、内部的な要因によるものでもあります。

目先の利益のために思考停止・黙認、信じ込む国民

これは全てには当てはまりませんが、こういったメディアの実態を知ろうともしない思考停止や、知っているけれども目先の利益のために黙認している人も、結局は大手メディアの意向に加担している。とも言えます。目の前の生活を考えると難しいところではありますが。

また、アメリカ大好き世代に多い、大手のテレビや新聞が伝えることは正しい♪と勘違いしている国民にも、大きな問題があります。なぜなら、自分で調べないということは、大手メディアをやりたい放題にしているのと同じだからです。

おわりに

メディアとどう付き合うか。は、人によって異なるはずですが、積極的に自分から情報を入手しにいって、大手メディアに振り回されないようにしたいですね。

電通【韓国人】によって日本が支配されている【8:39】


日本初!?オンライン型『個別スクール』のモニターを募集です。

現在、『メルマガ登録』して頂いた方に、秘密性が高く、iPhone・android・PCに対応しているアプリを使った、オンライン型『個別スクール』の無料モニターになっていただける権利を差し上げています。日本初!?のチャレンジなので、試行錯誤はありますが、必ずみなさんにはプラスの経験になることをお約束します。人数に限り有りで、期間は約3カ月です。
 
リアルの現場では、1か月SNSでフォローしたら、サッカーも私生活も、週一回のスクールだけと比べて『大きく成長』!!これを、ネットでもやろう。というのが今回の企画です。
 
なお、内容は『個人のスキルアップ』です。チーム運営やチーム戦術は混乱を招くので、お断りします。
 
なお、モニターの対象は、
 
小学生及び中学生
 
とします。スキルの指導で悩まれているコーチも、ご参加ください。
 
メルマガは無料ですし、特典もプレゼント!!お役立ち情報やお知らせもお届けしますので、ぜひご登録いただき、モニターにご参加ください。
 
それでは、お待ちしております(^_^)
 
*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る