人気記事


記事の詳細

女子サッカー日本代表:なでしこジャパン と 男子サッカー日本代表:サムライブルー。国際試合の結果から比較すると、なでしこジャパンはワールドカップで優勝していることからも、サムライブルーより強いといえます(2014年現在)。もちろん、男女差はありますのでお互いが勝負すれば男子の圧勝ですが。

私は、そんな女子サッカーが男子サッカーよりも世界的に見て強い要因のひとつに、体の上手な使い方が関係していると思います。今回は、そこに関して書きます。

男性と女性の大きな違い

子供の運動会で張り切るお父さん。保護者のリレーでイメージに体がついていかず、コーナーをうまく回れずに転倒(^_^;)ひとつのことにこだわりすぎて全体が見えなくなるのは男性。。。

その一方、

本能的にできないものを拒絶する女性。保護者のリレーで走っても、体がついていかないことを認識して、ゆっくり走ります。同時に複数のことに集中できるのは女性。

以上に挙げたことは、一般的な話ではありますが、サッカーでも同様のことを感じます。

よく分かるのは、動画やサッカー雑誌に掲載されているプレー中の写真。

たとえば男子は上半身、とくに腕の動きが全体的に小さいのに比べて、女子の方はリラックスしている感じで腕の動きも大きいです。また、キックでも、男子は膝下の振りや下半身の力で蹴っている感じの選手が未だ主流ですが、女子は体全体をうまく使って蹴っているように感じます(2014年現在)。

女性は上に挙げたような男子の主流な動きを不自然と感じて本能的に拒絶しているのではないでしょうか。ちなみに、私が所属していた少年団の同期に一人女の子がいましたが、シュートの動作やボールの軌道が綺麗で、一番正確と評判でした(^_^)

男子サッカー飛躍のヒント

男子サッカーもここ数年は海外で結果を出し続ける選手が少しずつ増えてきました(2014年現在)。彼らが結果を出し続けるために体の使い方を研究しているのは有名な話であり、プレーを観ていても変化を感じます。

これは本当に凄いことだと思いますが、男子と同じスキル指導を受けた女子が上手な体の使い方で世界トップレベルの位置で躍動していることは『素晴らしい!!』のひと言であると同時に、男子も世界トップレベルになれる可能性があることを十分に示してくれているのではないでしょうか。(^_^)

世界レベルである女子サッカーの国内普及と男子サッカー飛躍の為にも、なでしこリーグの会場へ足を運んでみるのもいいですね♪

【なでしこジャパン 9/13山形でガーナと対戦】 NDソフトスタジアムで最終調整


日本初!?オンライン型『個別スクール』のモニターを募集です。

現在、『メルマガ登録』して頂いた方に、秘密性が高く、iPhone・android・PCに対応している『チャットアプリ』を使った、オンライン型『個別スクール』の無料モニターになっていただける権利を差し上げています。日本初!?のチャレンジなので、試行錯誤はありますが、必ずみなさんにはプラスの経験になることをお約束します。人数に限り有りで、期間は2018年内です。
 
リアルの現場では、1か月SNSでフォローしたら、サッカーも私生活も、週一回のスクールだけと比べて『大きく成長』!!これを、ネットでもやろう。というのが今回の企画です。
 
なお、内容は『個人のスキルアップ』です。チーム運営やチーム戦術は混乱を招くので、お断りします。
 
なお、モニターの対象は、
 
小学生及び中学生
 
とします。スキルの指導で悩まれているコーチも、ご参加ください。
 
メルマガは無料ですし、特典もプレゼント!!お役立ち情報やお知らせもお届けしますので、ぜひご登録いただき、モニターにご参加ください。
 
それでは、お待ちしております(^_^)
 
*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る