人気記事


記事の詳細

この記事では、molten(モルテン) サーキットポールアングル MSPAを紹介しています。

サッカーのトレーニングでは、マーカーやコーンを使うことは有効的でどのチームも利用していますが、ポールを使ってトレーニングしているチームは、マーカーやコーンに比べたら少数派ではないでしょうか。実際、私は現役の時、一度もまともに使ったことがありませんでした。

しかし、サイトを作っている過程でYOUTUBEを分析しているうちに、トレーニングでもポールを使った方が良い。と分かったので、実際にスクールの指導現場で導入しました。

そして、実際に体を動かしてみるとドリブルひとつにとっても、マーカーやコーンとは違う感覚で、とても良い刺激に。しかし、メリットはそれだけではありません。

ポールを使うことで、「コーンやマーカー、ラダーでは獲得しづらい『サッカーで重要な動き』」を獲得できるのです。

これは実際に、私が現役のとき、しっかりと獲得してこなかった動きです。現役のときは、そういう動きがあることすらもよく理解していませんでした。そんな私は、誰にも負けないくらい外遊びをとことんやってきたつもりです。

現役プレーヤーであればどのレベルでも、トレーニングに導入することで、とくにディフェンスの動きが良くなると感じていますので、少々高価ではありますが、小学生から高校生までガンガン利用して、レベルアップしてほしいです。(利用したトレーニングは、たとえば下のレアル・マドリードのトレーニング動画を参考にしてみてください。)

では、どんなポールが良いかというと、

molten(モルテン) サーキットポールアングル MSPA

がおススメです。理由は、

丈夫さ、バーの高さ、土や人工芝などポールを地面に突き刺さす必要がない、固定の安定性、ポールに角度をつけられる、棒の色がはっきりしている。

といったことです。全てのポールを使ったわけではありませんが、メーカーの信頼性からも、私はモルテンのものを購入しました。

IMG_0287

結構大きいものなので、個人で毎回持ち運びするのは大変です。チームでしっかり倉庫や部室で管理するトレーニンググッズとして、ぜひどうぞ(^_^)

Real Madrid complete final training session before the Celta game【2:21・・・0:55くらいからチェック!!】


小・中学生の保護者・指導者に人気です♪

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る