最近の投稿
【スポンサーリンク】

楽天モバイル

【楽天モバイル】乗り換えて初めて分かった、3大キャリアの料金が高い理由

楽天モバイルのスーパーホーダイプランを利用していると、3大キャリアの料金がいかに高いか。ということが分かりますが、その高い要因はデータ通信速度のオーバースペックにあることがわかりました。

3大キャリアのデータ通信速度は確かに速い

ドコモユーザーだった私は、データ通信速度に不満を持った記憶はありませんが、速くて感動した覚えもありませんでした。というのも、利用していたのはSNSやウェブ閲覧、YOUTUBEの視聴くらい。YOUTUBEの視聴はサクサク高画質で見られるのですが、あっという間にデータ消費量が増えてしまい、コスパが非常に悪く、スマホを使いこなせていない感じがしていました。

この感覚はau、Softbankでも同じではないでしょうか。毎月1万円以上も払いたくないし、データがあっという間に上限に達するからYOUTUBEはWi-Fi環境でしか見ない。という声を何度も聞いたことがあります。

楽天モバイルのスーパーホーダイプランしても、全く問題なかった

私はドコモのとき、データ使用量をとても気にしてスマホを使いこなせていなかったので、楽天モバイルのスーパーホーダイプランにしました。そして、データ消費を節約する高速データ通信OFFの状態(最高速度1Mbps)で、

ネット利用に全く問題なかった

のです。これには正直驚きました。携帯料金が1/3程度になって、ネットをバンバン利用できるのですからね。今までのドコモはいったい何だったのだろう、と。

3大キャリアはオーバースペックを提供してボロ儲けしていた!?

楽天モバイルを利用してわかったことは、3大キャリアのデータ提供環境はオーバースペックであり、多くの人にとっては必要ない通信速度を提供することでユーザーから必要以上に高い料金を徴収していた、ということ。いわゆる、ボロ儲けです。なぜなら、1Mbpsの速度でDAZNやNetlix、アマゾンプライムビデオ、YOUTUBEの標準画質をスマホで視聴できますからね。

言葉を聞いたら、とりあえずググる

格安スマホに対して、やたら抵抗感がある知人が何人もいるのですが、楽天モバイルのことを話すと「え?そうなの?」というリアクションが後を絶ちません。聞いてみると、格安スマホについて聞いたことはあるけれども、速度が遅くて何もできなさそうだから遠慮してた。みたいな先入観でググっていないんです。これは、とてももったいないですよね。

私もそういうところがあるので胸を張って言えることではありませんが、関心のあるジャンルの言葉は、聞いたらとりあえずググると良いのかな。と思います。きっと新しい発見がありますよ(^_^)


スポンサーリンク

RELATED POST