人気記事


記事の詳細

はじめに:ワンサイドカットとは

ワンサイドカットとは、ひとつの攻撃方向を切り、相手の攻撃を限定させるためのディフェンスに関する考え方および方法です。ワンサイドカットには、前線の選手によるチェイシング(走りながらボールを追いかけるイメージ)と、1対1で対峙してマッチアップする場合がありますが、ここでは後者についての説明です。

(たとえば0:09のシーンでは、ディフェンダーがイスコ選手の中央へのドリブルおよび右足でのシュートを防ぐポジションをとっています。)

1対1で体を入れたり寄せ切ることが・・・

1対1の対峙したディフェンスで大切と言われていることは、次のようなことがあります。

  • 間合い
  • ボールだけでなく、相手の体も見る
  • ワンサイドカットをする際、つま先方向と顔を同じ向きにしない
  • 相手がボールを触った瞬間にボールに寄せる
  • ステップワーク(サイド⇒ラン、サイド⇒クロス⇒ランなど)
  • これらはとても重要ですが、日本サッカーにおいては問題が生じています。それは、

    相手がミスをしない限り、ボールを奪いにくい

    ことです。理由は、

    ワンサイドカットをしたら、守備を仲間と連動させるために『相手に飛び込んで抜かれないよう』指導を受けて選手が細心の注意を払う為、ボールと相手にの間に体を入れたり、相手に寄せたりするのが難しいから

    です。

    この日本サッカーのワンサイドカットは、『チームプレー』と『辛抱強い』という点ではメリットでもありますが、『プレスが甘い』という点で大きな課題となっています。

    しかし、ボールを奪いにくい理由はそれだけでは片づけられません。というのも、相手のレベルにもよりますが体を入れたり寄せたりできないのは、

    体の動かし方が悪い(身に付いていない)

    ことが大きな原因だからです。

    私は、現役のときにそこまで考えが及ばず、『ラダーのステップワーク』と『闘う気持ち』で1対1のマッチアップは向上すると信じていました。しかし、ある程度はレベルアップするものの、『ボールを奪いにいきない』という壁がありました。

    また、自分では良いと思っていても実はプレスが甘くて、相手がミスをしないためにあっさりとやられてしまう経験は嫌というほどしました。同じ悩みを持っている人も多いと思います。

    1対1のワンサイドカットから、体を入れる(寄せる)コツ

    1対1のワンサイドカットディフェンスの状態から、相手のドリブルに対して体を入れたり寄せるコツは、

  • 間合い
  • ボールだけでなく、相手の体も見る
  • ワンサイドカットをする際、つま先方向と顔を同じ向きにしない
  • 相手がボールを触った瞬間にボールに寄せる
  • ステップワーク(サイド⇒ラン、サイド⇒クロス⇒ランなど)
  • のほかに、

    相手に近い方の腕を意識する

    ことです。ボクシングでいえば、構えてジャブを打つ方になります(ボクシングではないので利き手は考慮せず)。

    相手に近い方の腕を相手のボールコントロールやドリブルに対して、引いたり前に振り出すことによって、コース取りと重心移動をスムーズにするのです。コース取りと重心移動が良ければ体を入れやすく、たとえ入れられなくても足でボールを触りやすくなります。

    相手の動きには、次のようなパターンがあります。

  • ワンサイドカットした方向に来るが、スピードがない
  • ワンサイドカットした方向に来るが、スピードがある
  • ワンサイドカットしていない、追い込みたい方向に来る
  • 相手がマッチアップせず後方に下がる、もしくはコントロールミスをする
  • 股抜きしてくる
  • この中で、

  • ワンサイドカットした方向に来るが、スピードがある
  • 股抜きしてくる
  • 場合は、一度相手に背中を向けるディフェンスとなります。

    残りの、

  • ワンサイドカットした方向に来るが、スピードがない
  • ワンサイドカットしていない、追い込みたい方向に来る
  • 相手がマッチアップせず後方に下がる、もしくはコントロールミスをする
  • 場合に、とくに相手に近い方の腕の動きが重要になります。腕の動きを意識することで、上半身と下半身の動きも大きく影響を受けます。

    おわりに

    腕を意識することで、重心を落とそうと太腿の筋肉で踏ん張ることがなくなります。ムダな踏ん張りをなくすことでスムーズな動きを可能にし、ボールを奪いやすくなるだけでなく、試合を通じての体力ロスや怪我のリスクを減らすこともできます。

    個人レベルにおけるディフェンスのレベルを上げることで、攻撃のレベルも上がります。相乗効果により、もっと高いレベルでサッカーを楽しみたいですね(^_^)

    Isco has made 100 league appearances for Real Madrid!【0:58】


    日本初!?オンライン型『個別スクール』のモニターを募集です。

    現在、『メルマガ登録』して頂いた方に、秘密性が高く、iPhone・android・PCに対応しているアプリを使った、オンライン型『個別スクール』の無料モニターになっていただける権利を差し上げています。日本初!?のチャレンジなので、試行錯誤はありますが、必ずみなさんにはプラスの経験になることをお約束します。人数に限り有りで、期間は約2カ月です。
     
    リアルの現場では、1か月SNSでフォローしたら、サッカーも私生活も、週一回のスクールだけと比べて『大きく成長』!!これを、ネットでもやろう。というのが今回の企画です。
     
    なお、内容は『個人のスキルアップ』です。チーム運営やチーム戦術は混乱を招くので、お断りします。
     
    なお、モニターの対象は、
     
    小学生及び中学生
     
    とします。スキルの指導で悩まれているコーチも、ご参加ください。
     
    メルマガは無料ですし、特典もプレゼント!!お役立ち情報やお知らせもお届けしますので、ぜひご登録いただき、モニターにご参加ください。
     
    それでは、お待ちしております(^_^)
     
    *お名前(ニックネーム可)
    *メールアドレス

    関連記事

     

    管理人

    2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

    私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

    自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
     
    指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
     
    ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

    インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

    どうぞよろしくお願いします。

    サイトマップ


    ページ上部へ戻る