ドリブル・トラップ・コントロール

サッカー ドリブル:シザーズフェイントの効果

ボールをまたぐフェイント、シザーズ。シザーズとはハサミという意味で、両足を前後、あるいは左右に開閉する運動のことだそうです。

サッカーでいうと、代表的なものが、ボールを内側から外側にまたぐドリブル。C・ロナウド選手が試合で多用していますね。このドリブル、狙いとしてディフェンスのステップを乱して抜き去るのも一つありますが、それだけではありません。今回は、シザーズフェイントがもたらす「もうひとつの効果」について書きます。

相手を抜き去らなくても有効

シザーズフェイントは「ボールの位置や体の向きを変えるドリブル」のひとつです。

ボールを内側から外側へまたぐと、体とボールの位置関係はまたぐ前と変化しますね。それにより、ディフェンスにプレーを限定させない効果が生まれます。そのため、ディフェンスが追い込んでくる前に先手をとってシザーズを入れていくことにより、相手に的を絞らせず、落ち着いたプレーがしやすくなります。(余談ですが、さらに深いところまで考えていくと、シザーズのようなフェイントは、ゴールまでの選択肢を増やします。

ただし、シザーズは一度に何度もするとスピードが落ち、相手も対応できてくるので、2回くらいまでに留めておいたほうがいいかもしれません。何度もまたいで自分のリズムでプレーする。という意味ではいいかもしれませんが。

日本人は、それほどシザーズをする選手がいませんが、相手を抜き去ること以外にもメリットはあるので、試合で自然に出てくるまで練習しておきたいドリブル・フェイントのひとつですね。(キックフェイントと同じくらい(^_^))

サッカー シザーズフェイント例【1:02】

保護者の方にお届けしたいメルマガ
お子さんの、サッカー上達や心と体の成長を願う保護者の方へ。
 
上達情報やお知らせ、さらにはSNSでは言えない。けれども大事なことを直接お届けします!
 
無料ですので、まだの方はこの機会にぜひご登録ください(^_^)
指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST