【リフティング】目標回数を達成させるために、やるべきこととは?
スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーのリフティングは、上達するうえでとても役立ち、ある程度の回数ができることは『ボールコントロールスキル』を求められる現代サッカーにおいてはとても重要です。

しかし、目標の回数を設定しても長続きしない子もいるなかで、どのようにしたら指導者が強制的にやらせなくても、『自分自身で目標達成に向けてチャレンジ』できるようになるのでしょうか。

そこで今回は、私の指導経験から『リフティングの目標回数を達成させるために、やるべきこと』をお伝えします。

やることは、とても簡単!!

『リフティングの目標回数を達成させるために、やるべきこと』。それは、

回数を日付ごとに、一枚の用紙に記録する

です。たったこれだけ。

その際、目的を明確にしたり、目標達成の回数と期限を決めると(たとえば、3か月後に100回。2か月後に50回。1か月後に20回。)より効果的ですが、そこまでしなくとも

回数を日付ごとに、一枚の用紙に記録する

出来れば、

家族が見えるところに用紙を置いて、保護者は、回数が増えたらお子さんを褒(ほ)めてあげる

だけでも、大きな効果が期待できます。

幼児でもできる!!

この、

回数を日付ごとに、一枚の用紙に記録する

という行為は、数字が読める幼児でもできます。用紙こそ、大人が用意してあげる必要がありますが、大したことをする必要はありません。それに、幼児でも回数が増えたことくらいは理解できるので、用紙に数字が埋まってきたり、保護者に褒めてもらうと、いつの間にか大人の想像を超えるスピードで目標を達成することがあります。幼児であれば、リフティングは難しくても、縄跳びの回数を記録して、達成していく過程を経験するのもいいですね(^-^)大きな自信につながります♪

おわりに

記録を取る前はリフティングが20回くらいしかできなくて、回数にも大した興味がなかった小学生がいます。本人が「できるの!?」と言っていた100回ですが、記録をつけ始めてから少しずつやる気になり、約3か月で達成した事例もあります。

本人は、達成への過程を通じて多くのことを学びましたし、その記録用紙は他の子にとっても大事な参考資料となり、良い相乗効果が生まれましたよ(^-^)

なお、このやり方に関しては、私の経験だけに頼らず、再現性を高めるために、原田メソッドという目標達成技術を参考にさせてもらいました。本当に感謝です!!

原田 隆史 新しい世界へ踏みだそうとする若者へ


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る