【スポンサーリンク】


精神面・考え方(メンタル・マインド)

【主体変容】『今』を変えたいとき、何を変える?

スポンサーリンク

はじめに

チームスポーツなのに、チームの雰囲気が悪い。
何をやってもうまくいかずにイライラする。
悪いことを、いつも環境のせいにしてしまう。

そんな『今』の状況を根本的に変えたいと思ったとき、何を変えたら良いのでしょうか?キーワードは『主体変容』です。

変わらないのは、周囲のせいにしているから

ものごとがうまくいかないとき、周囲とのコミュニケーションがうまくいかないときってありませんか?私は数えられないくらい何度もありますし、これからもあるでしょう。

そんなとき、周囲のせいにしていませんか?

私もしてしまうときがあるのですが、『主体変容』という言葉を覚えたおかげで、何度も状況を改善・打開してきました。

主体変容とは

この『主体変容』とは、意識を『相手や周囲』ではなく『自分』に向けることで、自らを変えていく。

という意味です。たとえば会社で先輩とコミュニケーションがうまく取れずにお互いにイライラしても、良いことはあまりないですよね。

そんなとき、自分が改善すべきところはないか。迷惑をかけたときに素直に謝ることはできているか。反抗しつつも、きちんとリスペクトはしているのか。

など、自分に問いかけて改善していくことが重要になります。

挨拶や返事ひとつでも変わる

この主体変容、私もうまくいくときとそうでないときがありますが、対人関係に限って言えば

挨拶や返事ひとつをきちんとすることで改善することが多いです。

挨拶や返事は、それこそ幼少期から躾として教えられるのですが、日々のルーティンすぎて、ないがしろになりがちです。

でも、そういう当たり前のところが大事なんですよね。私も、『主体変容』というキーワードを覚えてから、本当の意味で挨拶や返事の力を知りました。

主体変容できてくると、良いサイクルが回り始める

主体変容はうまくできると達成感がありますし、自分が目には見えない部分で成長したなぁ。と感じるようになります。そして、色々なことがだんだん面白くなってきて、良いサイクルが回り始める感じになります。

みなさんも何かうまくいかないときがあったら、ぜひ『主体変容』してみてはいかがでしょうか?

原田隆史「心づくり指導~心を整理する・広くする~について」

原田隆史氏の書籍・研修・セミナー・勉強会はこちらから。

【スポンサーリンク】

RELATED POST