人気記事


記事の詳細

文武両道。健全な青少年を育成するために掲げる言葉として有名です。この言葉、単に『学校の勉強と部活の両立』という意味合いで使う大人が多いと感じますが、果たしてそれで十分なのでしょうか。

そこで今回は、サッカーの上達を例に挙げて『文武両道』について書きます。

スポーツってそもそも・・・

サッカーは有名なスポーツのひとつですが、スポーツってそもそも誰が何の目的で日本中に広めたのでしょうか。結論からいいますと、

第二次世界大戦後のアメリカが政治・経済・社会問題に関心を持たせないことを目的

とした愚民化政策、3S政策のひとつとして広めました。なお、この3Sは

Screen(スクリーン=映画)
Sport(スポーツ=プロ スポーツ)
Sex(セックス=性産業)

の頭文字を表しています。

この3S政策、どれも人間の欲に入り込んで大衆をコントロールするのに非常に有効で、しかも大きなビジネスにも繋がるため、先進各国で大成功を収めています(2014年現在)。

サッカーの上達を追究すると・・・

そんなスポーツのひとつであるサッカーは、本格的に上達を追究していくと、私は

サッカー≠スポーツ

サッカー=武道

だと感じます。たとえば『楽しく』『なんとなく根性だけで』体を動かす程度の「スポーツ」感覚では、「武道」の『型』のように深いところまで追究していけないですし、精神面でも大きな差が生まれると思います。

文と武は相互関係

そして、武道である(!)サッカーを追究していく過程では「文」が必ず必要になってきます。その「文」はサッカー上達でいうと、自分で調べて(リサーチ)論理的思考で分析するなど非常に知的な活動で、戦術を理解するために必要な要素でもあります。すなわち、学校で勉強する内容は「文」の知識・思考であり、行為そのものは「文」と「武」を融合するために必要なトレーニングのようなイメージだと思います。

サッカー上達を追究するほどいわゆる『文武両道』は難しい??

サッカーの上達を追究していくほど『学校の勉強と部活の両立』は難しくなると思います。それは時間の制約があるからです。(もちろん小学生と高校生のように自由に使える時間には差があるので一概にはいえません。)そのため取捨選択をしなければなりませんが、私は

サッカー上達に大きな力を注ぐにしても、学校の勉強として最低限「読み・書き・そろばん(算数・数学)」の力は必要

だと感じます。それは知的活動「文」の基礎だからです。

そして、この知的活動の「文」を動きのある「武」と一体化して昇華していくことが非常に教育として重要なことだと感じます。たとえプロになれなかったとしても、上達を追究する過程で培うものは応用がいくらでも利き、将来の人生で非常に役立つからです。(実際、私も実感してます(^_^))

おわりに

サッカー上達のように、他のスポーツでも「武」としてとらえ、トコトンこだわって追究することは長い目でみると、単に『学校の勉強と部活の両立』をするよりも得るものが非常に多いと思います。(とはいえ、就職に学歴は関係ないとはいえませんが・・・)

スポーツは愚民化目的である3S政策のひとつですが、そんな概念はブチ破って自分自身を成長させ、賢くてしっかりとした大人になって社会をより良い方向へ導けたらいいですね(^_^)


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る