人気記事


記事の詳細

「サッカーにおけるボールを使ったスキルは、ゴールデンエイジ(中学生くらい)でほとんど完成される。」

これ、私が中学生のときに指導者から言われた言葉です。指導者の資格を取るときも言われました。

今回は、このことについて書きます。

ゴールデンエイジを過ぎたらスキルアップはおしまい?

日本代表・不動の左サイドバック、長友選手は2014年W杯前の取材に対し、

「イタリアに行って、経験を積むごとにドリブルがうまくなった。ボールが体から離れなくなった。」

と話していました。

たしかに、イタリアに渡ったときは、左サイドでボールを持っても、トラップした瞬間を狙われたり、ドリブルをしても、相手一人でマークしていました。

しかし、インテルでプレーしているうちに、長友選手のドリブルの際に、2人がかりで対応するように。一人目のディフェンダーがボールを奪いにいかないで、二人目がサポートにくるのが当たり前になりました。

ゴールデンエイジをバッチリ過ぎた(^_^;)長友選手の言葉は、過信でもなんでもなくて、ありのままの現実を話したのですね。

長友選手のドリブルが上達した背景には、「世界一のサイドバックになる」という

高い目標

が。そして、イタリアで成功するためには、ドリブルを克服する必要があると分析して、努力をしたからです。弱点を強みに変えられるということは、謙虚になって研究と努力をしないとできないこと。を持っていて、本当にスゴイですね。上達するうえでとても勉強になりますので、プレーや言動も要チェックですね。

How Xavi Hernandez prepares for a game【4:53】

【完全版】インテル長友プレー集 Nagatomo Goals&Skill 2010-2015 INTER DF【14:10】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る