サッカー×自然・食・農業

【共育ち】群れから徐々に独り立ち

小さい子供は、よく仲の良いお友達とべったりくっついていたり、兄弟の真似をしてずっと一緒にいたりしますね。周りがサッカーを習い始めたらなんとなく「ぼくも~!!」みたいな(^.^)なんか金魚のフンみたいで甘えん坊だなぁ、と思っていたらいつの間にか子供がどんどん成長してビックリ!!

こういった行動は人間にとって自然なことであり、共育ち(ともそだち)といいます。今回は、その共育ちについて書きます。

独り立ちするには段階がある

共育ちとは、親と子供の関係でなく子供と子供の関係、大人であれば新社会人と新社会人、新米ママと新米ママのように、独り立ちができず、判断や決断できない未熟なもの同士で成長することです。

そんな共育ちの特徴は「群れる」こと。サッカーボールを追えば、もう「めだかの学校」状態になりますが、最初はそれでいいと思います(^.^)成長するにしたがって、「群れ」から「数人のグループ」を意識できるようになり、そして「独り立ち」していきますから。

ちなみに、野菜でも「共育ち」の時期があります。分かりやすいのはニンジン。

ニンジンはタネ一粒だと芽が出なかったり、生育が悪くなるので、農家さんは複数のタネを列やカタマリにして蒔くことで、一斉に発芽しやすくします。お互いに協力して雨・風・強い日差しから身を守ったり、お互いに助け合いながら根っこを地中へ伸ばしていきます。まずは「群れ」の段階です。

続いて、発芽した人参を生育段階で「間引き」します。ここは「グループ」の段階。成長過程で体が強くなって厳しい自然に対応できるようになったり、大きくなって窮屈になるため。2回程度に分けてニンジンを少しずつ太らせていきます。ニンジン以外の余計な草も排除していく必要があり、膝や腰が痛くなる作業です。

そして最後の間引きで1本にして「独り立ち」となります。

このように、ニンジンを美味しくいただくまでには、多くの手間と苦労がかかります。野菜も人間と同じですね(^_^)

童謡 【めだかのがっこう】【1:59】

保護者の方にお届けしたいメルマガ
お子さんの、サッカー上達や心と体の成長を願う保護者の方へ。
 
上達情報やお知らせ、さらにはSNSでは言えない。けれども大事なことを直接お届けします!
 
無料ですので、まだの方はこの機会にぜひご登録ください(^_^)
指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST