人気記事


記事の詳細

小さい子供は、よく仲の良いお友達とべったりくっついていたり、兄弟の真似をしてずっと一緒にいたりしますね。周りがサッカーを習い始めたらなんとなく「ぼくも~!!」みたいな(^.^)なんか金魚のフンみたいで甘えん坊だなぁ、と思っていたらいつの間にか子供がどんどん成長してビックリ!!

こういった行動は人間にとって自然なことであり、共育ち(ともそだち)といいます。今回は、その共育ちについて書きます。

独り立ちするには段階がある

共育ちとは、親と子供の関係でなく子供と子供の関係、大人であれば新社会人と新社会人、新米ママと新米ママのように、独り立ちができず、判断や決断できない未熟なもの同士で成長することです。

そんな共育ちの特徴は「群れる」こと。サッカーボールを追えば、もう「めだかの学校」状態になりますが、最初はそれでいいと思います(^.^)成長するにしたがって、「群れ」から「数人のグループ」を意識できるようになり、そして「独り立ち」していきますから。

ちなみに、野菜でも「共育ち」の時期があります。分かりやすいのはニンジン。

ニンジンはタネ一粒だと芽が出なかったり、生育が悪くなるので、農家さんは複数のタネを列やカタマリにして蒔くことで、一斉に発芽しやすくします。お互いに協力して雨・風・強い日差しから身を守ったり、お互いに助け合いながら根っこを地中へ伸ばしていきます。まずは「群れ」の段階です。

続いて、発芽した人参を生育段階で「間引き」します。ここは「グループ」の段階。成長過程で体が強くなって厳しい自然に対応できるようになったり、大きくなって窮屈になるため。2回程度に分けてニンジンを少しずつ太らせていきます。ニンジン以外の余計な草も排除していく必要があり、膝や腰が痛くなる作業です。

そして最後の間引きで1本にして「独り立ち」となります。

このように、ニンジンを美味しくいただくまでには、多くの手間と苦労がかかります。野菜も人間と同じですね(^_^)

童謡 【めだかのがっこう】【1:59】


随時、お役立ち情報などもお届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る