人気記事


記事の詳細

はじめに

当サイトの記事

で、日本人全般のインサイドキックが世界と比べて劣っている、という私の見解を書きましたが、みなさんはどう思われましたか。

今回は、サッカー本やサッカー動画、コーチや指導者が教えている「正しいインサイドキック」の蹴り方って、どういった蹴り方なのか、ということについて書きます。

世間の「正しいインサイドキック」の蹴り方

世間の「正しいインサイドキック」の蹴るうえでのポイントは以下の通りです。

1.軸足はボールの真横にしっかり踏み込む

2.軸足のつま先は、蹴りたい方向に向ける

3.軸足の膝は柔らかく使う

4.腰はやや落として、重心を低くする

5.蹴り足は、ゴルフのパターを打つ時のように軸足に対して直角に開いてボールを蹴る

6.蹴り足の足首は、ゴルフのパタークラブのように90度(直角)をつくって固定する

7.ボールをよく見て蹴る

8.キックは、くるぶしの下あたりでボールをとらえる

9.膝下のコンパクトな振りで蹴る

10.両腕でバランスを取る

11.蹴った後は、しっかりとフォロースルーをする

これらのポイントを基本として、まずは止まったボールをみっちり蹴りこむのが、世間一般ではないでしょうか。

「この基本の蹴り方ができないと、いくらやってもうまくならないよ。」

という声がどこからか聞こえてきそうですね。

「正しい蹴り方」通りではないのに!?

インサイドキックについては、こんな話があります。日本代表の中心メンバーである長友選手に対して、ある日本代表のメンバーが取材に対してこのように発言していました。

あいつ(長友選手)は、いい加減な蹴り方をするんですよ(笑)

私はテレビでこの選手の発言を聞いて、ものすごい感性がある人だと思いました。ただ、その選手は日本代表レベルという素晴らしい能力があるにも関わらず、頭打ちに。非常にもったいない話ですね。

そんな発言をされた長友選手ですが、プレーを見ていると、上に挙げた11個を全部意識しているとは到底思えない独自の蹴り方です。しかし、その長友選手は海外でも評価が高く、私は日本の選手として歴代No.1プレーヤーだと思っています。(2014年時点)

そこで、当サイトではこちらの記事で、世間一般の蹴り方についての検証しています。ぜひ、ご覧ください。

Pablo Pérez y Boka, novedades en el regreso a los entrenamientos【2:14】


日本初!?オンライン型『個別スクール』のモニターを募集です。

現在、『メルマガ登録』して頂いた方に、秘密性が高く、iPhone・android・PCに対応している『チャットアプリ』を使った、オンライン型『個別スクール』の無料モニターになっていただける権利を差し上げています。日本初!?のチャレンジなので、試行錯誤はありますが、必ずみなさんにはプラスの経験になることをお約束します。人数に限り有りで、期間は2018年内です。
 
リアルの現場では、1か月SNSでフォローしたら、サッカーも私生活も、週一回のスクールだけと比べて『大きく成長』!!これを、ネットでもやろう。というのが今回の企画です。
 
なお、内容は『個人のスキルアップ』です。チーム運営やチーム戦術は混乱を招くので、お断りします。
 
なお、モニターの対象は、
 
小学生及び中学生
 
とします。スキルの指導で悩まれているコーチも、ご参加ください。
 
メルマガは無料ですし、特典もプレゼント!!お役立ち情報やお知らせもお届けしますので、ぜひご登録いただき、モニターにご参加ください。
 
それでは、お待ちしております(^_^)
 
*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る