人気記事


記事の詳細

サッカーは、相手と味方、ボールが常に動いているスポーツで、自分自身も動きながら判断をして、正確かつスピーディなプレーする必要があります。

しかし、プレーする環境や練習の制約により悪いクセがついてしまい、プレーの判断を一度決めたら変えられない選手がたくさんいます(人のことを言えませんが(^_^;))。

逆にいえば、判断を変えることができる選手は少なく、すごい。といえると思います。

今回は、その「判断をギリギリで変える」ことについて書きます。

ギリギリでも相手と駆け引きができる選手はすごい!!

たとえばトラップ。体の正面からパスがきて、「右足のインサイドで右足の足元に止めて狙ったところにキックしよう」としたときに右足の横側から急に相手がきたら、あなたはどうしますか。よくあるパターンは、

・左足側にボールコントロール

したり、

・パスをもらった相手にワンタッチパスで返す

でしょうか。パスは、きちんと返せればいいかもしれません。左足側にコントロールした場合は、相手が激しく寄せてきてもキープできたらいいかもしれませんね。しかし、いずれもプレーはワンプレー遅れますね

。しかし、ギリギリで駆け引きできる選手はどのような対応ができるでしょうか。たとえば、

・右足のインサイドで足元にコントロールするように見せかけて触らず、体の向きを変えたところでタッチする。それにより、寄せた相手はタイミングをずらされ、トラップしたところを狙えずに抜かれてしまう。

・左足側にコントロールするように見せかけて、左足後方へワンタッチでターンをする。それにより、相手はすれ違いになり、抜かれてしまう。

そして、いづれの場合もプレーは遅れず、相手を抜いたあとに、右足で狙ったところにキックしたり、状況を見て判断を変えることが可能です。どちらの難易度が高いでしょうか。

練習から意識を!!

こういった、ギリギリでプレーの判断を変えてることができ、ミスをしなければ、試合でも落ち着いてプレーができると思います。それができるようになるには、日々の練習から取り組むしかないと感じます。駆け引きができれば、より高いレベルでサッカーを楽しめるので、ぜひ意識したいですね(^_^)

Final training session


無料メルマガのご案内

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

2015年からC級ライセンスを取得し、サッカースクールで小学生に指導。

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
スクールでは、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、強みです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る