サッカー トラップは足元に止めるな!?

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

はじめに

サッカーにおいて、トラップのスキルは非常に大切ですが、多くの日本人選手は、そのレベルが海外トップクラスと比べると、劣ると言わざるを得ません(2015年現在)。その大きな原因のひとつが、育成段階における

トラップは足元に止めるな!

という指導だと思います。今回は、その点について書きます。

足元に止めるな!の理由

トラップを足元に止めるな!という人の言い分としては、次の通り。

サッカーは動きながら行うスポーツのため、トラップを足元に止めると相手が寄せてきて、ボールを奪われたり、次のプレーが遅れてしまう。だから、『ボールは足元ではなく、次のプレーを考えてスペースへコントロールするようにトラップする』のが良い。

私も、現役のころはそういう風に教わってプレーしてきましたが、イングランド遠征でその考えに疑問を持つように。

その理由は、海外の選手が上手にスペースへトラップすることはもちろん、足元にも頻繁にボールを止めるからです。

ボールを足元に止めるため、こちらの予想よりも距離感が生じ、間合いを詰めたり奪いにいっても躱されたり、パスを出されたり。かといって、奪いにいかなかったら、どんどん攻撃されてしまう、という太刀打ちできない状態に。。。

足元に止めるというより・・・

海外の選手でも足元にボールを止めますが、日本の選手と決定的に違う点があります。それは、

ボールは足元に止めつつ、体を移動させるのが海外。具体的には、ボールは足元に止めるというより、足を出したところにボールをピタッと止め、体は次のプレーがしやすいように向きを変えたり、左右に動いたり下がったりするのです。

それとは逆に、足元にボールを止めて、体も止めたときと同じ状態日本。これでは、ボールが懐深く入りすぎて、次のプレーが遅れてしまったり、懐に入り過ぎないような位置にボールを止めると、相手との距離感が短くなって(大したプレスをかけられた訳でもないのに)ボールの奪い合いが起こり、ボールが落ち着かなくなってしまいます。私もそうでしたが、高校サッカー『あるあるプレー』です(^_^;)

おわりに

トラップをするときは、ボールと体の位置関係や重心移動を意識する。という根本的なところを理解していれば、足元にボールを止めること自体は問題ではないと思います。しかし、「こう教わったから。」というだけの思考停止に陥ると、表面的なことしか考えられなくなって、根本の理解ができず、応用・発展もできなくなってしまいます。

こういったことは、仕事や日常生活にもいえることで、深い観察と考察が必要と感じます。サッカーを通して、賢い人間になりたいものです♪

ボールを足元にピタッと止めて、体を動かすトラップ【0:44】

Final training session【15:15】


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る