人気記事


記事の詳細

みなさんは食事の時、どれくらい時間をかけて食べますか。「よく噛んで食べなさい。」誰しもが、躾や教育を受ける過程で言われた言葉ですが、果たして実践できているでしょうか。(私はできていませんでした。。。)

結論からいいますと、体のために食事の際はよく噛んで、時間は20分以上かけたいところです(私の経験上でも)。その理由をメリットとして挙げると以下のようになります。

よく噛んで食べることのメリットは以下の通り。

・肥満を防ぐ
・脳が発達・活性化する
・虫歯・歯周病のリスクを下げる
・味覚が発達する
・胃腸の負担を軽減し、消化・吸収を良くする
・咀嚼力(噛む力)がつくと、力が入る

メリットの詳細について。

<肥満を防ぐ>
人間には満腹中枢といって、「お腹がいっぱい」と知らせてくれる機能があります。ただ、食事をしてから20分くらいしないと知らせてくれないため、早食いをすると食べすぎてしまうこともあります。
<脳が発達・活性化する>
噛むという行為により多くの血液が脳に流れ、活性化します。眠気ざましにガムを噛むのが良い例です。

<虫歯・歯周病リスクを下げる>
よく噛むことで、唾液が多く分泌されます。唾液には虫歯や歯周病を防ぐ働きがあり、赤ちゃんが虫歯にならないのは子供や大人より唾液分泌が盛んだからと言われています。

<味覚が発達する>
よく噛むと食べ物の細胞膜がより壊れ、味や香りが口の中に広がります。普段から味や香りを意識することで味覚が発達し、安全なものや美味しい素材のものを判断しやすくなります。

<胃腸の負担を軽減し、消化・吸収を良くする>
よく噛むと、口の中の消化酵素の分泌が盛んになります。また、食べ物を噛んで小さくすることでそのあとの胃腸において、成分が分解・吸収しやすくなります。

<咀嚼力(噛む力)がつくと、力が入る>
しっかりと噛むことによって咀嚼力が鍛えられると、しっかりと歯を食いしばることができ、力を入れやすくなります。

よく噛まないということは、上に挙げたメリットが逆になるということで、それにより多くのことを損しているかもしれません。よく噛んで食べていない人はすぐにでも実践して、よりよい毎日を過ごせたらいいですね(^.^)

ちなみに、よく噛むと食べ過ぎなくなるので、お財布にもうれしいはずです(^_^)

新発想スポーツ食MIZUMA.wmv


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る