【スポンサーリンク】


守備・戦術・戦略・サッカー用語

サッカー アーリークロスとは

サッカーにおけるアーリークロスとは、クロス(ピッチのサイドあたりからゴール前付近に入れるパス)の一種で、相手のディフェンスがマークやスペースの管理をきちんとできていないうちに、ディフェンスラインとゴールキーパーの間を狙って、浅い位置から早めに入れるクロスのことです。

攻撃のかたちはシンプルなものの、キックする方向の正確性だけでなく、クロスを入れるタイミングとボールの質が非常に重要となります。パスミスを恐れてか、アシストに繋がるようなアーリークロスは、日本では海外よりも少ないように感じます(2015年現在)。

アーリークロスを得意とする有名な選手は、デイビッド・ベッカム選手!!

Beckham Is Back【1:26】

【スポンサーリンク】

RELATED POST