人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるアイコンタクトとは、意志疎通(コミュニケーション)を図る手段の一つであり、声でなく、目と目で行います。

たとえば、パスを受けたい人がボールを保持している人とアイコンタクトができた瞬間に決定的な動き(アクション)をしたり、身振り手振りで要求することで、タイミングや考えの不一致を防ぐことができ、より良い攻撃ができます。

ちなみに、この『アイコンタクト』という用語は、日本サッカーを世界へ本格的に向けさせたといわれる、ハンス・オフト監督が持ち込んで教育したものだとか。ドーハの悲劇を味わったこの監督は、日本サッカーに偉大な貢献をしてくれた一人。感謝ですね♪

FC Bayern training highlights【4:01】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る