人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるアプローチ/プレス/プレッシャーとは、ディフェンスをしているときに、相手のボールを保持している選手との間合いを詰めるプレーです。目的は、相手のボールを奪ったり、相手に自由にプレーさせないことです。

日本サッカーの課題のひとつといわれ、サッカー協会側が指導者に対しても協調する部分です。

育成年代においてアプローチ/プレス/プレッシャーのレベルを上げるには、スライディングなどがやりやすい様、「人工芝や天然芝を整備する」以前に、「サッカーの激しいプレーが日常生活の仲良しと別である」ということを伝えていく必要があると感じます。『お友達サッカー』『馴れ合いサッカー』からの脱却が課題ですね(^_^)

CARLES PUYOL – NEVER GIVE UP【5:23】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る