人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおけるインターセプトとは、相手が出したパスを受け手に届く前に、途中でボールを奪うことです。インターセプトができたときは、相手の守備陣が整っていないことが多く、ビッグチャンスに繋がりやすいものです。

なお、ファーストディフェンダーの対応とボールホルダー(ボールを保持する選手)の視線や状況から、ボール保持者が誰にどんなパスを出すか予測し、適切なポジションから素早く反応することが重要です。

試合をテレビなどで観ていると、カメラワークによりパスミスのように見えても、実際はインターセプトが成功している場面も多いので、なぜボールが相手に渡ったのか、深く考える必要があります。

ちなみに、部活で低学年がやる『ボール拾い』も、一生懸命考えながらやることで、前後左右に動きやすい『パワーポジション』を取る感覚や、インターセプトの土台となる『キックの質や方向を予測すること』が身に付きます。どんな練習でも、前向きに取り組むことが重要ですね♪

[スティックラダー] 4方向ダッシュ【0:26】

守備の警戒 インターセプト /フットサルの戦術(守備)【0:24】


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る