サッカー キックにおける膝の振りのコツ

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

はじめに

サッカーのキックに関して、蹴り足のコツとして『膝下のコンパクトな振り』が挙げられることがあります。

「膝下でビシッとミートする!」

という感じで。私は、それは『怪我とキックミスのリスクがアップするコツ』だと思います。

そこで今回は、私の考える『キックにおける膝の振り』のコツについて書きます。

蹴り足の膝は曲げる

蹴り足の膝に関するコツですが、私の場合は

蹴る前に、曲げる(=キックで振り出したあとの膝を伸ばしたままロックしない)

です(^_^)

というのも、まず、膝を伸ばしっぱなしはうまく蹴ることができません。股関節にも大きな負担がかかります。しかし、膝下を『ビシッ』と前に振り出すだけの意識では、膝と太腿の前側の筋肉に過剰な負荷がかかり、体全体を使ってキックができません。そのため、私は膝を曲げたあとは蹴り足全体が鞭(むち)のような『しなり』となるよう、イメージしています。

また、蹴り足の膝を曲げた状態から膝下の動きだけで前に足を振ると、

自分でイメージしたところよりも、前方に蹴り足が出てしまう

という現象が起こりやすくなります。これにより、

ミートポイントが変わり、キックミスのリスクが上がると思います。

他のスポーツと同じ

野球でボールを投げるとき、肘を勢いよく伸ばしませんよね。そんなことをしたら、すぐに痛めてしまいます。また、バレーボールでも、アタックするときに野球と同様、肘をビシッと振りません。むしろその逆で、腕全体をしならせて関節を痛めないようにします。サッカーのキックも他のスポーツと同じといえそうです。

おわりに

私も高校生までは、いわゆる『膝下の振りで』を意識していたので、沢山キック練習すると『太腿の前側の筋肉(大腿四頭筋)』が筋肉痛になっていました。その当時とサイトを作成している2014年現在では体力や体のキレが全然違いますが(^_^;)高校生のときよりも力まずに強くて威力のあるキックができて幸せです♪

PS:タイミングを重視した、勢いがそれほど必要ないキックをするときは、膝下の振りで蹴るときもあります。また、膝下の振りで蹴ると、懐は浅くなります。身体動きの特徴を把握して、蹴り足の膝の使い方を変えることができると、さらに上達すると思います。

Schusstraining mit Schweinsteiger, Makaay, Ballack und Co.


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る