人気記事


【スポンサーリンク】

記事の詳細

サッカーをする際、『顔』と『上体』の向きとの関係はとても重要です。今回はそれについて書きます。

腕を引いているようにも見えるが、、、

日常生活では、『顔』と『上体』の向きは同じことが多いと思います。ところが、サッカーにおいては、わざと『顔』を『上体』に対して横に向けることもあります。それは首を振って周りを確認するときだけでなく、キックやターンなどの種類・状況によります。

そして、『顔』を『上体』に対して横にしたとき、目線と同じ側の腕を引いたように見えることがあります。しかし、それは必ずしも引いているわけではありません。上体と腕が顔の向きに合わせて自然と動くのです。

ですから、腕を引いているように見える動作に関しては、「顔の向きはどうなっているかな。」という視点も持ったほうが良いと思います。それにより、新しい気付きが生まれ、よりサッカーが上達できるのではないでしょうか。良かったら参考にしてみてくださいね(^_^)

Training at Allianz Arena【7:22】

腕を引くことと、実際の動きについて


【スポンサーリンク】

関連記事

 

スポンサーリンク

お待ちしております(^_^)

4足メソッド考案&スクールで指導実践。4足メソッドやサッカーに関するご意見・ご相談・ご質問・オンライン無料体験スクールなどに関するメッセージはSNSのほうへよろしくお願いします。
 
●ツイッターアカウント(DMへ)
 
●フェイスブックページアカウント(メッセージへ)
 
サイト管理人プロフィールページ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る