人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるギャップとは、相手の選手同士の間にできるスペースのことです。DFとDF、DFとMFなど、縦のギャップと横のギャップがあります。

ギャップは相手にとってマークしづらいため、そのスペースでパスを受けて前を向くことができれば、チャンスに繋がりやすいですし、ギャップの活用は数的不利での攻撃にも効果的です。また、ギャップは、ディフェンスにとってボールを触りにくいため、スルーパスを通しやすいです。

ギャップ

ちなみに、スペインでは「ライン間」という意味の『エントレ・リネアス』という言葉があります。守備組織のライン間に生まれるスペースを活用する考えで、ギャップと似ている一面もあります。

なお、当姉妹サイト『M&C』では、この『エントレ・リネアス』のことを『ポケット』と表現しています。

日本サッカーにおいて、ギャップでのボールの受け方は『チェックの動き』や『斜め前方に走りながら』が多いと感じますが、『バックステップを踏みながら』というのが海外の試合と比べて少ないと思います。

その要因のひとつが慣例のキックの蹴り方ではないでしょうか。予備動作が大きく、パススピードも出にくいため、『バックステップ』で狭いギャップに入り込んだ味方に届くキックができないのが大きな原因と考えます。

ギャップを見つける目とそのスペースを利用できるスキルは比例しますので、常日頃のトレーニングから、どんどん狙っていきたいですね(^_^)

Training at Allianz Arena【7:22】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る