人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるクサビとは、(マークされている)前方にいる選手に出す縦パスのことです。守備側はクサビが入ることで一時的にボールウォッチャー(=ボールだけを目で追いかけること)になりやすく、マーク(とくにFWがクサビを受けたときにMFのマークのような、後方にいる選手のマーク)が外れやすくなります。

クサビ

クサビのパスをグラウンダーで出すには、ノールックパスを交えて相手の反応を遅らせるような駆け引きをしたりしながら、パスコースとなるギャップを利用できることが大切です。受け手としては、マークしてくる相手にインターセプトされたり簡単にボールを失わないように工夫する必要があります。

クサビのパスが通ったときに味方が連動して動くとビッグチャンスに繋がりやすいので、共通認識とコミュニケーションを大事にしたいですね♪

Final training session【15:15】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る