人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおける数的優位(すうてきゆうい)とは、試合全体もしくは局面において、味方が相手よりも人数の上で多い状況のことです。

攻撃局面において、数的優位をつくる手段のひとつにドリブルがあります。素早いスペースへの侵入や、突破により、一時的に守備より攻撃の人数が多くなり、チャンスを作りやすくなるのです。

その一方で、日本サッカーの課題は、数的不利(味方より相手の方が人数が多い状況)な状況での攻撃力ではないでしょうか。その原因を突き詰めていくと、メンタルだけでなく、サッカースキルの土台であり、改善の余地が大きい『体の動かし方』にたどり着くと思います。

日本の『武道』や『お祭りの踊り』などにも、『体の動かし方』のヒントとなるものはあると思いますので、サッカーだけでなく、色々なことにチャレンジして「これは!」と思ったら、取り入れていけたら楽しいですね♪

Final training session【15:15】

東京音頭【3:14】


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る