人気記事


【スポンサーリンク】

記事の詳細

サッカーにおける数的優位(すうてきゆうい)とは、試合全体もしくは局面において、味方が相手よりも人数の上で多い状況のことです。

攻撃局面において、数的優位をつくる手段のひとつにドリブルがあります。素早いスペースへの侵入や、突破により、一時的に守備より攻撃の人数が多くなり、チャンスを作りやすくなるのです。

その一方で、日本サッカーの課題は、数的不利(味方より相手の方が人数が多い状況)な状況での攻撃力ではないでしょうか。その原因を突き詰めていくと、メンタルだけでなく、サッカースキルの土台であり、改善の余地が大きい『体の動かし方』にたどり着くと思います。

日本の『武道』や『お祭りの踊り』などにも、『体の動かし方』のヒントとなるものはあると思いますので、サッカーだけでなく、色々なことにチャレンジして「これは!」と思ったら、取り入れていけたら楽しいですね♪

Final training session【15:15】

東京音頭【3:14】


サッカーを楽しむならDAZN(ダ・ゾーン)

管理人の必須アイテム!
↓↓1か月無料体験はこちら↓↓
DAZN

→→DAZNに関する記事一覧はこちら←←


/
   
スポンサーリンク

 

関連記事

 

スポンサーリンク

サイトマップはこちら

お待ちしております(^_^)

4足メソッド考案&運営スクールで指導実践中。4足メソッドやサッカーに関するご意見・ご相談・ご質問・オンライン無料体験スクールなどに関するメッセージはお問い合わせまたはSNSのほうへよろしくお願いします。
 
お問い合わせ
 
ツイッターアカウント(DMへ)
 
サイト管理人プロフィールページ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る