人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるゾーンディフェンスとは、守備者が特定の攻撃選手をマークすることよりも、マークの受け渡しをしながら、分担したエリアを守ることを優先する戦術のことです。ただし、このエリアは、絶対的ではなく相対的です。それとは対照的に、エリアよりも特定の攻撃選手をマークするほうを優先する戦術はマンツーマンディフェンスといいます。ゾーンは、スペースを管理して守備陣形を保つことが目的です。

戦術のトレンドは、ゾーンとマンツーマンで変わるものの、ある程度レベルが高くなると、自陣ゴール前での守備は、原則マンツーマンでないと、やられる場合が多いです。

なお、高校サッカーで番狂わせが起こるのは、マンツーマンでパスサッカーを抑え込むパターンが多いと感じます。これは、高校生での一対一のレベルは、ディフェンスが優勢であるからではないでしょうか。

育成段階においては、ゾーンとマンツーマンを両方経験することがいいかもしれませんね(^_^)個人的には、1対1の強さと責任感を身に付けるために、マンツーマンを多めにした方が良いと思います♪

Javier Mascherano ● Ultimate Defensive Skills 2014 ● HD ● By Pep【7:35】


小・中学生の保護者・指導者に人気です♪

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る