人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおけるセーフティープレーヤーとは、ボールを持っている選手が後方にパスを下げたり、ボールを奪われたときにプレスをかけて攻撃を阻止または遅らせるためのポジションをとっている選手のことで、ボールを持っている選手の斜め後方でフリーのポジションをとることが多いです。

セーフティープレーヤー

セーフティープレーヤーは攻撃の起点となり、守備の要ともなる選手なので、チームとしてこのポジションの選手をどこまで活かせるか、もしくはどれだけ仕事をさせないかが、勝敗を分ける大きな要素にもなります。

もしも私が監督で、相手にこういう重要な選手がいたら、スッポンディフェンス(ずっと一人の選手がマンツーマンで対応し続ける)で対応します♪この戦術、高校サッカーはもちろん、ワールドカップなど大きな大会でも実際に行われています。

シャビ・アロンソのプレー集①【5:31】


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る