人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおけるオーバー:スルーとは、「ボールに触らないで」という意味を表す言葉です。パスの受け手の後方に、より良くボールを受けられる味方の選手がいる場合に声をかけます。

スルー:オーバーした選手が、『3人目の動き』をして、連続したプレーをすることで、攻撃に厚みが出ます。

ボールを触れない選手は、ただ避けるのではなく、フェイントを入れたり、緩急をつけて動くことも大切です。大げさなアクションをしてみると、いいかもしれません(^_^)

【サッカー】本田×香川 スルーしてワンツー壁パス 日本代表の連携プレー【0:48】


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る