人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおけるトライアングル/三角形とは、ボールを持っている選手が三角形の頂点のひとつに、味方二人が三角形の残りの二つの頂点となるようにポジションを保つことです。サポートできる体制をつくりつつ、お互いにパスを受けやすいように三角形を作ります。

トライアングルは、サッカーの攻撃における基本のかたちのひとつであり、継続して実行するのは結構ハードです。だからこそ、これができるかどうかで差がつくと思うので、しっかりと体に染み込ませたいですね(^_^)

Training at Allianz Arena【7:23】


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る