人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるフリックとは、ボールを少しかすらせ、後方へ送る技術のことです。相手を寄せ付けておいてパスを受けたときにアウトサイドでしたり、コーナーキックの時などにヘディングでしたりします。ヘディングでは、『スラす』と言うこともあります。

実践的なこととしては、ヘディングでの場合は競り合う選手の周囲にいる選手が、フリックや後方にボールが流れる可能性があるので、セカンドボール(1人目が競り合ったあとのボール)を予測し、背後にポジションを取ろうとする意識が大切です。

アウトサイドでの場合は、フリックする選手が『しっかりとした体の動かし方』でしっかりとボールに力が加わるようにすることと、あらかじめ『周りの状況を把握しておくこと』が重要です。

【サッカー】超絶テクニック!驚愕のターン・トラップ・キープ集【6:48】


無料メルマガのご案内

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

2015年からC級ライセンスを取得し、サッカースクールで小学生に指導。

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
スクールでは、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、強みです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る