人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるボールウォッチングとは、ボールばかりに注意してしまうことを意味し、主にディフェンスにおいて体の向きが悪く、ボールを注視しすぎてマークを外してしまったり、スペースに走りこんでくる相手選手を把握できない状況を指します。ボールウォッチャーとは、ボールウォッチングをしている選手のことです。

攻撃側としては、ディフェンスがボールウォッチングになった瞬間の動きが重要となり、ディフェンスは、それをさせないように体の向きに注意し、ボールを見ながらも周辺視野にマークを入れたり、首を振ることで周囲の情報を入れることが大切だと思います。

それにしても、スアレス選手のような攻撃の選手がいると、ドリブル、パス、シュートと、何してくるかわからないので、世界トップクラスのディフェンダーたちでもボールウォッチになってしまうんですね(^_^;)おそるべしです(^_^)

Luis Suárez’s 10 best goals in the 2015/16 season【5:27】

チアゴ・シウバ(Thiago Silva) 最強のCB【13:00】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る