人気記事


記事の詳細

サッカーにおけるボディシェイプとは、身体の向きと体勢をひとくくりにした言葉です。良いプレーをするには、ボールを持っている時・いない時に関わらず、常に良い体の向きを保ち(グッドボディシェイプ)、周囲の情報を得ること(視野の確保)が重要です。

ボールと相手、ボールとゴールを見られるポジショニングとボディシェイプを意識できると、意識しない場合よりも情報がしっかりと入ってきて『落ち着いてプレー』できます。小学生のときから、ボールを持つ前からプレーが始まっている。という感覚を持つことが重要だと思います。

ちなみに、ボールを受ける前に、あらかじめ次のアクション(どこにパスを出すか、どこにファーストタッチをするか、どこにドリブルするか。など)の選択肢を二つ考えておくと、周りもよく確認するようになるので、さらに落ち着いてプレーができます(^_^)

Iniesta’s magic is not just for matches【1:57】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る