人気記事


【スポンサーリンク】

記事の詳細

サッカーにおけるマンツーマンディフェンスとは、守備者がエリアよりも特定の攻撃選手をマークすることを優先とした守備戦術です。ただし、このエリアとは、絶対的ではなく相対的です。それとは対照的に、守備者が特定の攻撃選手をマークすることよりも、マークの受け渡しをしながら、分担したエリアを守ることを優先する戦術のことをゾーンディフェンスといいます。

マンツーマンは、相手との距離を短くし、自由なプレー時間を与えないことを目的とし、ゾーンは、スペースを管理して守備陣形を保つことが目的です。マンツーマンは、マークしている相手を自由にさせてしまうと、そこからピンチを招きやすいですが、機能すれば、攻撃のリズムを作らせず、高い位置でのインターセプトなど、良い形でボールを奪いやすい戦術です。

戦術のトレンドは、ゾーンとマンツーマンで変わるものの、ある程度レベルが高くなると、自陣ゴール前での守備は、原則マンツーマンでないと、やられる場合が多いです。

なお、高校サッカーで番狂わせが起こるのは、マンツーマンでパスサッカーを抑え込むパターンが多いと感じます。これは、高校生での一対一のレベルは、ディフェンスの方が優勢だからではないでしょうか。育成段階においては、ゾーンとマンツーマンを両方経験することがいいかもしれませんね(^_^)個人的には、マンツーマンディフェンスの方がおススメです。1対1にこだわれると思うので♪

Javier Mascherano ● Ultimate Defensive Skills 2014 ● HD ● By Pep【7:35】


サッカーを楽しむならDAZN(ダ・ゾーン)

管理人の必須アイテム!
↓↓1か月無料体験はこちら↓↓
DAZN

→→DAZNに関する記事一覧はこちら←←


/
   
スポンサーリンク

 

関連記事

 

スポンサーリンク

サイトマップはこちら

お待ちしております(^_^)

4足メソッド考案&運営スクールで指導実践中。4足メソッドやサッカーに関するご意見・ご相談・ご質問・オンライン無料体験スクールなどに関するメッセージはお問い合わせまたはSNSのほうへよろしくお願いします。
 
お問い合わせ
 
ツイッターアカウント(DMへ)
 
サイト管理人プロフィールページ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る