人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおけるリスクマネジメントとは、ボールを奪われて守備に切り替わったときに、守備の人数が足りなかったり、相手FWをマークしないで失点となるようなピンチを迎えないように、攻撃をしているときから、ボールを奪われたときのことを想定して対処する準備のことです。

リスクマネジメントは優先順位と同様、日常生活や仕事と同じであり、子供が大人の仕事を肌で感じる環境がとても大切だと思います。そのため、大人は子供に見本となる賢い行動を示すことも必要ですし、子供に責任を持たせてお手伝いをさせる(つまり、子供にとっての責任ある『仕事』)ことはリスクマネジメントの感覚を養う良い経験になり、長い目で見ればサッカーの上達にも繋がるのではないでしょうか(^_^)

バルセロナの黄金時代を支えたカルレス・プジョル選手。彼の戦術眼と危険察知能力はものすごいです♪

熱いぜ!カルラス・プジョル! スーパープレイ【5:13】


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る