人気記事


記事の詳細

はじめに

香川真司選手の特徴的なプレーのひとつに、ターンの速さと深さが挙げられます。世間的には、

香川ターン

もしくは

シンジターン

と言われているようですね。

そんな香川選手のスキルですが、マネをしようにも足がついていかない、と感じる人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、日本で教わるターンの仕方では彼と同じような骨格の日本人でありながら、ほとんどの人ができないのです(2014年現在)。このまま「才能」で話を終わらせたら、もったいないですね。

そこで今回は、香川・シンジターンについて迫ります。

足元ばかり見ていても・・・

みなさんは、素早いターンをするときに何を意識しますか。

足の踏ん張りですか。太ももを意識しての低い重心ですか。それとも、ふくらはぎで地面を力強く蹴ることですか。

香川選手のターンは、重心が低く、かつ非常に軽やかな動きなのが特徴です。

この動作を見る限り、下半身は非常にリラックスしており、他の要因があると思うのです。

その要因とは・・・

上半身、とくに腕の動き

です。

香川選手は重心を低くする際、さらにターンするときに腕を高い位置に保つことで足で踏ん張らず体全体でターンをしているように見えます。

一見、手がバタバタしているように見えますが、実際にマネをしてみると、手を下げた状態と比べて重心移動が非常にスムーズになるのが分かると思います。

日本では、少しでも格好の悪そうな手の動きや腕の振りは周囲が良しとしませんが、その結果、選手が持っている素晴らしい才能を消してしまっているような感じがします。非常にもったいないですね。

香川選手の場合、アウトでの切り替えしはさらに

サッカー アウトサイドキックのポイントは?

にもあるように、角度のついたコントロールが上手なので、海外の足が長い選手でも届かない深いところへボールを運べるのです。

おわりに

今回のように、足技を研究したりマネして習得するときは、細かい足首の角度や下半身の筋肉の使い方よりも、上半身や腕を意識した方が確実に上達に繋がると思います。思うようにプレーができなくて壁にぶつかっている人は、ぜひ視点を変えてみてはいかがでしょうか。オリジナルのドリブル・ターンを習得できるかもしれませんね♪

adidas | shinji vs shunsuke【2:00】

試合で使えるアウトサイドターン例【1:41】

日本サッカー協会「夢を力に2014」ステートメント映像【1:42】


日本初!?オンライン型『個別スクール』のモニターを募集です。

現在、『メルマガ登録』して頂いた方に、秘密性が高く、iPhone・android・PCに対応しているアプリを使った、オンライン型『個別スクール』の無料モニターになっていただける権利を差し上げています。日本初!?のチャレンジなので、試行錯誤はありますが、必ずみなさんにはプラスの経験になることをお約束します。人数に限り有りで、期間は約3カ月です。
 
リアルの現場では、1か月SNSでフォローしたら、サッカーも私生活も、週一回のスクールだけと比べて『大きく成長』!!これを、ネットでもやろう。というのが今回の企画です。
 
なお、内容は『個人のスキルアップ』です。チーム運営やチーム戦術は混乱を招くので、お断りします。
 
なお、モニターの対象は、
 
小学生及び中学生
 
とします。スキルの指導で悩まれているコーチも、ご参加ください。
 
メルマガは無料ですし、特典もプレゼント!!お役立ち情報やお知らせもお届けしますので、ぜひご登録いただき、モニターにご参加ください。
 
それでは、お待ちしております(^_^)
 
*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る