インターネット(スマホ)依存症 症状チェックと改善・対策

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

インターネット(スマホ)依存症とは、どういうものか。という説明は

インターネット(スマホ)依存症とは

で、させていただきました。

そこで今回は、これらの依存症の症状のチェックと、改善・対策について書きます。(ここに記載されていることが症状や対策の全てではありません。)

以下、10のチェック項目です。
 インターネット(スマホ)依存 症状チェック
1気が付いたら、思っていたより長くネット(スマホ。以下省略)をしていることがある。
2リアルな世界よりも、ネットで新しい仲間を作る方が好きある。
3ネット中に、やめようとしても、やめられないことがある。
4やるべきことがあっても、その前にネットをチェックすることがある。
5誰かと過ごしたりするよりも、ネットを選ぶことがある。
6もしネットがなければ、生活は退屈で、つまらないだろうと思う。
7ネットをしていると、日々の心配やストレスから解放され、落ち着くことがある落ち着くことがある。
8仕事以外で、ネット中に人に話しかけられて、イライラしたり怒ったりしたことがある。
9ネットに夢中になり、仕事や勉強の能率や成果が低下したことがある。
10普段の生活でも、ネットのことばかり考えていることがある。
みなさんはいくつありましたか?私は、このサイト以外作成では、1・4の2つ(^_^;)(2015年現在)。携帯を持ち始めたときから、不携帯(笑)で外出することもあり、ネットやスマホがないと落ち着かない!!という感覚はありません(^_^)

このチェックであてはまる数が多ければ多いほど、重度の依存症だと思われます。
では、どのような改善・対策をすればよいでしょうか。ここでは、10個紹介します。
 インターネット(スマホ)依存症 改善・対策
1人にネット(スマホ。以下省略)をやり過ぎ。と言われたら、一度素直に受け止める。(自覚症状が乏しいのが、この依存症の特徴)
2外出する際は、スマホをポケットではなくカバンに入れて、音を消す。
3スマホの通知機能をOFFにする。
4スマホの娯楽系(ゲームなど)アプリを消去する。
5スマホとガラケーを二台持ちにし、ネットはWi-Fiルーターもしくは、そのような環境のみで使用する。携帯キャリアの月額プランを組まない。
6寝るときは、ネットを遮断する。また、スマホは電源を切る。
7仕事以外でのネットを使用する時間帯を決める。目安は一日1時間まで。ストップウォッチの使用も良いと思いますが、意志が弱いと・・・(笑)
8ネットをする前に、使う目的を紙に箇条書きすることで、頭の中を整理する。
9ネットにより、電力を消費している。ということを意識する。(私としては、これはおススメです。)限られた資源。東日本大震災と原発事故の教訓。
10ネットで気になるキーワードがあったら、『○○ 嘘』『○○ 真実』と入れて検索してみる。これを続けていくと、ネット依存は改善されるかもしれません。依存する人の特徴として、『社会的関心・好奇心の低さと単調な思考』が挙げられています。
ひとつでも、できることから改善・対策を始めることが、とても重要だと思います。ネット(スマホ)はあくまでも、リアルな生活をより良くするための手段であることを忘れないでいたいですね♪

スマホ、ネット依存症セミナー1


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る