人気記事


記事の詳細

スマートフォン(スマホ)が小・中学生といった低年齢にまで普及する中、問題となっているのがスマホ依存症。小指の変形もさることながら、自制心の発達していない子供にとって、持ち運べて手軽に楽しめるおもちゃのスマホは、一度ハマりだしたら止まりません(^_^;)

かといって、完全にスマホを触らないのは、IT時代についていけなくなる。と心配するかもしれませんね。でもご安心を。

iPhoneを発明したappleの創業者、スティーブ・ジョブズ。彼は子供がハイテク機器を扱うことについて、非常に強い危機感を持っていました。そして2011年、『New York Times』の取材で、スティーブ・ジョブズが子どもにiPhone やiPadを使わせなかったことについて述べています。
(この記事の最下部に詳細あります。)

子どもたちは私たち夫婦が厳しすぎると文句を言います。友達の家にはこんなに厳しいルールはないってね。でも、それは我々は誰よりも技術の危険性を見てきているからです。自分自身でも感じています。子どもたちの身にそのようなことは起こってもらいたくないのです。

その危険性とは、簡単にいうと人間性の喪失

インターネット(スマホ)依存症とは

にもありますが、『前頭前野』の機能が低下し、思考や判断、コミュニケーション、我慢する力が発達しないために、社会生活において、スマホが無い時代には考えられなかったようなことも平気で起こります。また、電磁波やLED、背筋が悪くなる上に視力低下など、スマホのリスクは多種に渡ります。もちろん、パソコンも同様です。

では、リスクを伴うスマホを子供が使うことについて、メリットはないのでしょうか。私はあると思います。

それは好奇心、つまり興味や関心ごと、疑問に思ったことをネットで調べることだと思います。ただし、

インターネット(スマホ)依存症 症状チェックと改善・対策

の改善・対策10個を実践するのが前提条件で(^_^)

SNSのような、一歩間違えれば危ないものや、ゲームなどの娯楽関係で時間を費やすのではなく、『自発的な勉強』に使う『参考書』『辞書』『ツール』として使うことができれば、それはスマホを活かせているのではないでしょうか。

なお、当サイトはこの使い方の考えに基づいており(話題などのネタ⇒上達に関する記事への誘導)、みなさんに少しでも利用して頂けたら。という思いがあります。ここまで読んでいただいたみなさんには、読む前よりも少しでもネット(スマホ)をうまく利用し、より良い生活を送っていただきたいです(^_^)サッカー上達は、日常生活の延長ですからね♪

スマホ、ネット依存症セミナー1

【参考】
スティーブ・ジョブズが子どもにiPhone やiPadを使わせなかった理由http://singaporeryugaku.blogspot.jp/2014/09/iphone-ipad.html

(前略)
2011年に亡くなったジョブスは、テクノロジーに関して本能的な才能があったが、親としてはローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限すべきだと固く信じていた。

「私達は、子どもたちのテクノロジー機器の利用を制限しています。」と、ジョブスは2010年、我が子のハイテク機器利用時間が増えることを心配して語った。
現代の親なら百も承知だろうが、iPhoneやiPadは子ども達にとって非常に魅力的だ。これら手のひらサイズの機器は最先端のおもちゃである。長い休暇、長いドライブの間などの親が忙しい時に、親の代わりとなって、子どもたちを喜ばせ、気晴らしをさせ、静かにさせてくれる。
しかし、こうした超便利な助っ人に感謝する前に、それらの機器が子どもたちに及ぼす潜在的な害について心配すべきなのではないか?

スティーブ・ジョブズはそう考えていた。今週発表されたニューヨーク・タイムズの記事で、ジャーナリストのニックビルトンは、ジョブスに彼の子どもがどのくらいiPadに夢中なのかを聞いた時の返事に驚いたことを回顧する。「子どもたちは、(iPadを)まだ使ったことがないのです。私は子どもたちのハイテク利用を制限しています。」

「私はあっけにとられ、開いた口がふさがりませんでした。ジョブスの家ともなればハイテクオタクの天国のような場所を想像していたからです。壁は巨大なタッチパネルで、食卓にはiPadが埋め込まれていて、お客さんにはチョコレートのようにiPodがプレゼントされるような。 『いいや、それとは程遠いね』とジョブスは答えたのです。」

子どもがタッチスクリーンの機器で遊ぶことに関して大きな懸念を抱いているハイテク教祖はジョブスだけではない。

「ワイアード(Wired)」の元編集長、クリス・アンダーソンも、子どもたちが家庭にあるデジタル機器を使用する時間を親は厳しく制限すべきだと確信している。

“My kids accuse me and my wife of being fascists. They say that none of their friends have the same rules. That’s because we have seen the dangers of technology first hand. I’ve seen it in myself, I don’t want to see that happen to my kids.”

「子どもたちは私たち夫婦が厳しすぎると文句を言います。友達の家にはこんなに厳しいルールはないってね。でも、それは我々は誰よりも技術の危険性を見てきているからです。自分自身でも感じています。子どもたちの身にそのようなことは起こってもらいたくないのです。 」

UCLA大学の研究者たちが最近発表した研究によると、数日間、電子機器利用を禁止しただけで、子どもたちの社交スキルがまたたくまに向上したそうだ。
このことは大いに考える材料を与えてくる。なぜなら最近のリサーチで平均的なアメリカ人の子どもは1日に7時間半以上スマホや他のスクリーン(テレビ、パソコン、ゲームなど)を見ていると言われているからである。

ジョブスは間違いなくハイテクの天才であった。しかし彼は深夜までスクリーンを見つめてアングリーバードで遊んだり、Facebookで近況を更新し続けたりはしてこなかった。

「スティーブ・ジョブス」の著者、ウォルター アイザックソンは、このアップル共同設立者の家で多くの時間を過ごしたが、そこで見たのは、スクリーンタイム(画面を見つめる時間)よりも、フェイス・トゥ・フェイス(面と向かった)の家族の会話を優先するジョブスの姿だった。

“Every evening Steve made a point of having dinner at the big long table in their kitchen, discussing books and history and a variety of things. No one ever pulled out an iPad or computer. The kids did not seem addicted at all to devices.”

「毎晩、スティーブは決まって、キッチンの長いテーブルで夕食をとり、本や歴史や様々なトピックについて話し合うのです。誰もiPadやコンピューターを使いません。子どもたちはデジタル機器中毒になっているようには全く見えませんでした。」

だから、アップルやサムソンや他のハイテク企業が、最新の小型ハイテク機器がなければ人生物足りないと感じさせるような宣伝を暗にしてきたとしても、そうした機器の創始者が全く違う考えだった事を忘れないで欲しい。

 

(翻訳 新美真理子)

 

【参考】原文
STEVE JOBS DIDN’T LET HIS KIDS USE IPHONES OR IPADS: HERE’S WHYhttp://www.inquisitr.com/1468612/steve-jobs-didnt-let-his-kids-use-iphones-or-ipads-heres-why/#ssA7xIixJfadhbAm.99

Steve Jobs is a name which is synonymous with cutting edge, innovative and groundbreaking technology.

So it may come as something as a surprise to learn Apple’s former CEO didn’t believe in letting his kids use some of his company’s greatest products ? the iPhone and the iPad.

And it’s not because the Apple godhead was a closet Samsung fan either.

Jobs, who died in 2011, may have had an instinctive flair for technology but he was a low tech parent who firmly believed in restricting his children’s access to electronic devices.

“We limit how much technology our kids use at home,” said Jobs way back in 2010, expressing growing concerns about his children’s gadget use.

As all modern parents know, iPhones and iPads are extremely appealing to children. These little hand-held devices are state-of-the-art toys. Surrogate parents almost, capable of entertaining, distracting, and pacifying children during school holidays and on long car journeys when mom and dad’s attentions are focused elsewhere.

Yet instead of thanking Apple for these extremely convenient parent assistants, should we actually be concerned about the potential harm they may be inflicting upon our youngsters?

Steve Jobs certainly appeared to think so. In a New York Times article published this week, journalist Nick Bilton recalls how he once put it to Jobs that his kids must love the iPod, but to his surprise Jobs replied, “They haven’t used it. We limit how much technology our kids use at home.”

“I’m sure I responded with a gasp and dumbfounded silence. I had imagined the Jobs’s household was like a nerd’s paradise: that the walls were giant touch screens, the dining table was made from tiles of iPads and that iPods were handed out to guests like chocolates on a pillow. Nope, Mr. Jobs told me, not even close.”

And Jobs wasn’t the only technological guru who had substantial concerns about the long-term effects of kids engaging with touch-screen technology for hours on end.

Chris Anderson, former editor of Wired, also believes in setting strict time limits and parental controls on every device at home.

“My kids accuse me and my wife of being fascists. They say that none of their friends have the same rules. That’s because we have seen the dangers of technology first hand. I’ve seen it in myself, I don’t want to see that happen to my kids.”

Researchers at the University of California Los Angeles recently published a study which demonstrated that just a few days after abstaining from using electronic gadgets, children’s social skills improved immediately.

Which is definitely food for thought considering recent research showed that an average American child spends more than seven and a half hours a day using smart-phones and other electronic screens.

Jobs was undoubtedly a genius but he didn’t get that way through staring at screens and playing Angry Birds until the early hours or constantly updating his Facebook account.

Walter Isaacson, the author of Steve Jobs, spent a lot of time at the Apple co-founder’s home and confirmed that face-to-face family interaction always came before screentime for Jobs.

“Every evening Steve made a point of having dinner at the big long table in their kitchen, discussing books and history and a variety of things. No one ever pulled out an iPad or computer. The kids did not seem addicted at all to devices.”

So the next time the advertising department at Apple, Samsung, or any other major technological corporation attempt to sublimely convince you that life is somehow lacking without their latest little device, remember that the man who started it all, believed somewhat differently.

 


サイト作成に関わる全ての情報を
20日間メルマガ講座でお届けします。
4つの特典プレゼント中です(^_^)

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


メルマガコミュニティ

『かゆいところに手が届く』上達メルマガ講座です。
マインドとノウハウの二本柱。
マインドがしっかりしていれば、
サッカー未経験でもコーチになれます。
ノウハウは、一流選手のプレーを動画で分析する手法。
マインド×ノウハウで、誰でもレベルアップ!!
育成年代の指導者・保護者向けです(^_^)
現在、上達に役立つ4つの特典プレゼント中!!
*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス
ページ上部へ戻る