人気記事


記事の詳細

サッカーの上達において、自分よりレベルの高い人と練習することは大きなチャンスです。しかし、お願いするにも、相手が『練習にならない』と判断するようであれば、相手にしてもらえません。そこで心理学の『返応性の法則』を利用することがおススメです(^_^)

以下、私の経験談です。

私は、サッカーが上達するには、自分より高いレベルの人とサッカーをした方が良い。という考えを持っていました。小学生のことは、年上の子も話しやすかったので、友達感覚で混ぜてもらっていました。

しかし、中学になると、先輩後輩の関係で、なかなか話すらしにくい状況に。。。そこで、私が取った行動は、『目をつけた先輩が練習するときは、積極的にボール拾い』すること。先輩に言われなくてもボール拾いをしていると、そのうち練習相手として声をかけてもらえるように。罰ゲームのような『フリーキックの壁』もやりました(笑)が、一対一やキック練習をしてくれたり。と、可愛がってもらいました(^_^)そして、この『ボール拾いの法則』は、高校でも通用しました♪

当時は、『返応性の法則』なんて言葉すら知りませんでしたが、それなりにやっていたようです(^_^;)サッカーに限らず、もし、自分よりレベルの高い人に相手をしてもらいたければ、相手に価値を与え続けることが必要なんですね(^_^)


小・中学生の保護者・指導者に人気です♪

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る