【心理】コントラストの原理とは

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

コントラストの原理とは、順番に提示されるものの『差』によって、判断基準が大きく変わる。という人間の心理です。

たとえば不動産賃貸の営業(お客としての体験談です(゚∀゚))。

あらかじめ希望の物件をお客様にリサーチして、3件ピックアップします。そのうち、本命の物件を『わざと』3番目に紹介するようにし、1番目と2番目は、お客さんが

これはちょっと(イヤだ!)・・・次も見てみたいですね。

と言うように誘導するのです。

そして、ついに最後の3件目。不動産屋の営業車で疲れ、もうラストの物件となるとなんとか決めたい!と感じるところで、本命登場!!それまでの2件と比べると格段に良い物件に見えて

この物件、とても気に入りました♪ここに決めます!!

と、即決(*^_^*)まんまと、乗せられちゃいました(実際、不満はなかったので良かったです(^_^))

このコントラストの原理、対比させるものの『差』を大きくするほど、効果があるといわれています。上の不動産の例や、自動車販売で車体価格を提示して、オプションで車体より大幅に安いカーナビを購入してもらうように、多くのビジネスで利用されています。

サッカーでいえば、『スピードの緩急』が良い例でしょうか。個人技での突破やチームでのディフェンスなど、ありとあらゆる場面の駆け引きで有効です。

コントラストの原理、という言葉を知らなくてもサッカーは上手になりますが、知っていて損はしません。むしろ知って応用することで、より上達しやすくなると思います♪


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る