サッカー×心理学

【心理】一貫性の法則とは&コミットメントの重要性

一貫性の法則とは、一度決めたことをやり通そうとする人間の心理のこと。

人間は、自分の発言と行動に矛盾がないように行動しようとするため、誘導のテクニックなどでこの法則がよく利用されます。

サッカー指導でたとえると、集中力が足りない子供たちを見て声をかける場面。

コーチ:みんなは、サッカーがうまくなりたい?それとも、下手になりたい?

子供:うまくなりたい!

コーチ:じゃあ、うまくなるためには、適当に練習したらいい?それとも、全力で練習したらいい?

子供:全力がいい!!

コーチ:そうか、それじゃあ、みんな全力でやっていたかな?

子供:・・・・・いや、してない。

コーチ:よし、みんな。今から全力でできるかな?

のような誘導のイメージでしょうか。

さらに、この一貫性の法則は、他人にコミットメント(宣言)をすることで、より『やらなければ』という気持ちが働きますし、紙に目標を書いて、目に付くところへ掲示しておくことでも強まります。当サイトのプロフィールページでも、下のように、コミットメントしてます(^_^)

コミットメント

一貫性の法則とコミットメントをサッカーにうまく取り込むことは、上達するうえで欠かせないので、すぐにでも実践できたらいいですね♪

保護者の方にお届けしたいメルマガ
お子さんの、サッカー上達や心と体の成長を願う保護者の方へ。
 
上達情報やお知らせ、さらにはSNSでは言えない。けれども大事なことを直接お届けします!
 
無料ですので、まだの方はこの機会にぜひご登録ください(^_^)
指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST