日本の育成ではNG?な『本当に試合で活きるインフロントキック』蹴り方とコツ

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

はじめに

サッカーのインフロントキックは、種類をうまく使い分けることができると、試合でとても有利です。

【動画】【ロングキック:インフロント】ストレートボールの蹴り方とコツ

【動画】インフロントキック カーブの蹴り方とコツ

しかし、本当に試合で活きる蹴り方が、日本の育成では『バランスが悪い』という理由で、NGになっている感じがします(2015年現在)。

そこで今回は、そんなインフロントキックの蹴り方とコツについて書きます。

ここで説明するインフロントキックとは

この記事で説明するインフロントキックとは、

予備動作が少なく、縦からの助走や、ボールが懐深いところにある状態から蹴ることができるキック。そう、思いっきり実践向きなキックです。

インフロントキックの蹴り方とコツ

1.助走は、蹴りたい方向に対し、横から縦(まっすぐ)までの角度から入っていく。日本で教わる蹴り方では、縦からの助走で蹴ることが難しい。

2.軸足は、ボールの近くに置いて蹴ることが可能。必ずしも、真横に置く必要はなく、つま先の向きも特に気にしない。また、強く踏み込まない。

3.ミートポイントはインフロントの部分。足首は、キックの面を作る程度。力まない。

4.キックの際、『蹴り足』と『軸足側の手』を合わせる(もしくは交差させる)ように蹴る。ひざ下でビシッ!と蹴らない。

5.フォロースルーは、『上半身が蹴り足側に傾いた』り、『跳ねるように』なることも。

日本では、5.の『上半身が蹴り足側に傾く』現象を、

ボディバランスが悪い。

懐に差し込まれている。

『跳ねるように』なる現象を、

テキトウに蹴っている(特にミスキックしてしまったとき)

で片付けてNGとしてしまいがちです。しかし、海外のハイレベルな選手を見ると、この程度は当たり前。否定する理由がありません(^_^;)

おわりに

実際、このインフロントキックが使えるようになると、蹴りたいときに一度ボールをコントロールしなくても、駆け引きしながら、精度の高いパスやシュートが可能になります。練習を繰り返して習得し、より高いレベルでサッカーができたらいいですね♪

How Leo Messi prepares for a game【2:58】

※ちなみに、アウトフロントキックも、この蹴り方に近いものがあります(^_^)

Ricardo Quaresma Trivela Tutorial.


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る