人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーにおいて、相手を背負う『スクリーン』や『ポストプレー』は重要な攻撃的スキルのひとつですが、日本人選手で世界に通用するような選手は、なかなか見られません(2015年現在)。その要因として、『お国柄のワンパターン』『体格の差』を挙げる人もいますが、必ずしもそれは当てはまらないと思います。

今回は、私がそう感じる理由と、スクリーンやポストプレーを磨く上で、習得しておきたいボールスキルについて書きます。

スクリーンとは

ポストプレーとは

世界に通用するポストプレーヤーがいないと感じる理由

日本には、世界に通用するポストプレーヤーがいないと感じる理由は、

日本人選手に『背後にいる相手を抜くスキルがない』からです。

日本人選手は、観戦していても、プレーの経験上からも、背負ったら滅多に前を向きません。

一方、海外の選手は、裏にスペースがあれば、ファーストタッチで相手ディフェンスと入れ替わるようなプレーを当たり前のようにこなします。

日本人選手でも、ディフェンスの裏にスペースがあるかどうかは把握できるので、『このスキルの差』が世界との差を広げているのだと感じるのです。

習得しておきたいスキル

だから、スクリーンやポストプレーを磨くうえで同時に習得しておきたいのは、

ファーストタッチもしくはセカンドタッチで、背後にいる相手を抜き去るボールスキル

だと思います。このスキルは、先ほども書きましたが、海外トップレベルのサッカー選手と日本人選手では、差が歴然としています。

そのため、相手ディフェンスに読まれやすく、後ろから激しくプレスしてくる海外では、スクリーンやポストプレーで通用する選手がいないのだと思います(ファールをもらってばかり。は別です(^_^;))。決して『お国柄のワンパターン』『体格の差』で片付けてよい問題ではありません。

おわりに

ファーストタッチもしくはセカンドタッチで、背後にいる相手を抜き去るボールスキルは、腕を意識した上半身の動かし方と重心移動が非常に大切です。

膝で踏ん張らず、細かい足首の形や股関節の動きにとらわれず、スムーズにできるまで何度も練習して、習得できればいいですね♪それを試合中に一度見せれば、相手ディフェンスのプレスも甘くなり、よりスクリーンやポストプレーがやりやすくなると思います(^_^)

追記:2015-16シーズン、プレミア優勝に貢献した岡崎選手は、前線からのディフェンスが評価されていました。それはもちろんですが、ポストプレーやスクリーンプレーから、ただ落とすだけでなく、ファーストタッチや少ないタッチで『相手を抜く』『相手と入れ替わる』スキルを身につけたように見えます。優勝に貢献できるだけのスキルはある。ということですね。

2015 J1リーグ 1stステージ 武藤嘉紀選手全ゴール集【2:54】

スクリーンとは

ポストプレーとは


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る