人気記事


記事の詳細

サッカーを始めたときに、シュートの基本として最初に教わるのがインステップキックのシュートではないでしょうか。最初は全く蹴れずに、蹴りやすいトーキックをしていた思い出があります(^_^;)

そんなインステップキックのシュートというと元プロの知人を始め、多くの選手が

少しバック回転がかかるもしくは無回転のストレート軌道

を連想しているようです。私もてっきりそれがインステップキックのシュートと長年思ってきました。

しかし、そのイメージが変わった出来事が。ブラジル代表として2014年ワールドカップに出場したフッキ選手です。

予想と違う軌道

彼がJリーグにいたころ、練習試合で確かにインステップでシュートを打ったのですが、軌道がディフェンスの予想と違ったのです。それは左足で正面に打ったように見えたのですが、実際は彼の右足方向に飛んでいきました。思いっきり逆を突かれたのです。ボールの質はバック回転がかかるようなストレート軌道ではなく、若干足の甲の内側に当たった感じでカーブとドライブがかかったような感じ。明らかに狙ったシュートでした。

このようなシュートは日本で打つとなんとなくミスキックの雰囲気になりますが、実はシュートを打つには非常に重要な技術だったのですね。世界的なストライカーであるクリスティアーノ・ロナウド選手やメッシ選手もやはり同じようなシュートで得点を重ねています(2014年現在)。

同じようなシュートモーションから繰り出される2種類のシュートはディフェンスやキーパーの読みやタイミングを外すのに非常に効果的。習得できればゴールやファーサイドに詰めている味方へのアシストにつながる確率が上がると思うので、

インステップキックのシュートはこうだ

と決めない方が良さそうですね(^_^)

~インステップキックシュート~【トラップ】から【横ドリブル】から【2:10】

FC Barcelona – Barça Legends: Eto’o (1st half)【25:41】

17:37あたりのシュートシーン必見です!!


無料メルマガのご案内

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

2015年からC級ライセンスを取得し、サッカースクールで小学生に指導。

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
スクールでは、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、強みです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る